スポンサーリンク

オークス(2022) 

GⅠレース

--金曜日予想公開--

オークス 今年の「樫の女王」は?!】 

さあ、今週も注目のGⅠレース 優駿牝馬(オークス)がありますね。樫(※1)の女王へ向け、各有力馬が挑みます。今週重賞は土曜日に中京で平安ステークス(GⅢ)、日曜日に東京でオークス(GⅠ)となっております。平安ステークスは1900mというスタミナ勝負のダート戦ですが、皆さんご存知のとおり京都競馬場の改修工事に伴い今回も中京開催となっております。そして、オークスは東京・芝2400メートルのチャンピオンコース、最後の直線(残り400m)から上り坂もあり、スタミナも必要且つ長い直線のスピード勝負も問われます。注目メンバーはやはり桜花賞組、フローラS組、トライアル勝馬(忘れな草賞他)等ですね。本ブログでは当然、オークスを予想公開いたします。

(※1)樫=「オーク(Oak)」 

英語です。由来は英ダービーの創設者であるダービー卿殿が樫の木の茂る土地を所有。結婚の際、記念レースとして3歳牝馬限定のレースを開催し、これを「オークス」と名づけました。

東京競馬場(特徴)

※コースの特徴をみなさんに、簡単にわかりやすく紹介しているページです。他コースも随時追加予定です。予想の期待値向上にご利用ください。ちなみに、レースによっては一部異なってくるものが当然ありますのでご承知おきください。オークスについては「良さげコーナー」もご参照くださいね。

伝説の一戦

突然ですが、下表はある馬達(4頭)の成績(抜粋)です。何かお気づきになりますでしょうか?

表①

日付開催レース着順騎手
2010/5/23東京11R優駿牝馬(GⅠ)1横山典弘
2010/4/25東京11Rサンスポ賞フローラS(GⅡ)1横山典弘
2010/3/20中山11RフラワーC(GⅢ)3横山典弘
2010/1/24中山9R若竹賞(500万下)1横山典弘
2010/1/5中山6R3歳新馬1内田博幸

表②

日付開催レース着順騎手
2010/5/23東京11R優駿牝馬(GⅠ)1蛯名正義
2010/4/11阪神10R桜花賞(GⅠ)1蛯名正義
2010/3/6阪神11Rチューリップ賞(GⅢ)2蛯名正義
2009/12/13阪神11R阪神ジュベナイルF(GⅠ)1蛯名正義
2009/11/15東京9R赤松賞(500万下)1蛯名正義
2009/10/31東京3R2歳未勝利1蛯名正義
2009/7/5福島5R2歳新馬3蛯名正義

表③

日付開催レース着順騎手
1992/4/15大井10R帝王賞(G)1蛯名正義
1992/3/21中山10R京葉S1蛯名正義
1992/2/22東京11RフェブラリーH(GⅢ)1蛯名正義
1992/2/8東京11R金蹄S(1500万下)1蛯名正義

表④

日付開催レース着順騎手
1992/4/15大井10R帝王賞(G)1横山典弘
1992/3/21阪神11R仁川S(OP)4松永幹夫
1992/2/22東京11RフェブラリーH(GⅢ)3横山典弘
1991/12/15中京11RウインターS(GⅢ)1熊沢重文

もうお分かりですね。表①と表②の2010年5月23日のオークスの結果ですが、どちらも1着となっています(間違いじゃないですよ)。そうです、2010年のアパパネさんとサンテミリオンさんの伝説の一戦ですね。アパパネさんは同年桜花賞勝馬、サンテミリオンさんは同じくフローラS勝馬。レースは残り200mから一騎打ちのデットヒートでお互い一歩も譲らずそのままゴール。ゴール後もどちらが勝ったか全くわからないまま、審議が続きました。10数分の審議の結果、最初に掲示板に「17(アパパネ)」が出て歓声が上がりましたが、その後の「18(サンテミリオン)」が出て、着差欄になんと【同】の文字がでました。そうです、同着1着の判定でした。JRA初の「2頭の女王誕生」となりましたね。この時のアパパネさん騎乗の蛯名正義騎手とサンテミリオンさん騎乗の横山典弘騎手ですが、実はこの2人は1992年の帝王賞(地方のGⅠ)でも同着1着を経験していました。表③と表④ですね。ちなみに表③はラシアンゴールド殿、表④はナリタハヤブサ殿の成績(抜粋)でした。改めてこの2騎手の偶然もすごいですね。

過去の優勝馬より

では、まずいつものように過去の優勝馬をピックアップしてみます。上記で2010年優勝馬を既にピックアップしてますけど(笑)。オークスは歴史が長いので今回は第61回(2000年)からリストにしています。今回は2016年覇者、シンハライトさんです。デビューから3連勝で桜花賞に臨むも、ジュエラーさんにハナ差及ばず2着。次走のオークスではライバルのジュエラーさんは骨折のため回避でしたが、桜花賞の悔しさをきっちり晴らし、見事クラシックを制覇しました。そして次走のローズステークスでも1人気に応え勝利(このときジュエラーさんが2人気でしたが11着)。秋華賞へ向け、順調かと思われましたが、残念ながら怪我のため早期引退となりました。ジュエラーさんも秋華賞後、休養を経てヴィクトリアマイルを目標としていましたが、こちらも怪我が判明し、そのまま早期引退。シンハライトさんの馬名は『宝石名』、ジュエラーさんの馬名の意味は『宝石職人』。なんとなく似た者同士の感じですね。お二方の産駒が楽しみですね!

 

【シンハライト 重賞勝鞍】

  • 2016年 チューリップ賞(GⅢ)
  • 2016年 優駿牝馬(オークス)(GⅠ)
  • 2016年 ローズステークス(GⅡ)  

 

過去優勝馬一覧

第61回2000年シルクプリマドンナ藤田伸二
第62回2001年レディパステルK.デザーモ
第63回2002年スマイルトゥモロー吉田豊
第64回2003年スティルインラブ幸英明
第65回2004年ダイワエルシエーロ福永祐一
第66回2005年シーザリオ福永祐一
第67回2006年カワカミプリンセス本田優
第68回2007年ローブデコルテ福永祐一
第69回2008年トールポピー池添謙一
第70回2009年ブエナビスタ安藤勝己
第71回2010年アパパネ蛯名正義
同着サンテミリオン横山典弘
第72回2011年エリンコート後藤浩輝
第73回2012年ジェンティルドンナ川田将雅
第74回2013年メイショウマンボ武幸四郎
第75回2014年ヌーヴォレコルト岩田康誠
第76回2015年ミッキークイーン浜中俊
第77回2016年シンハライト池添謙一
第78回2017年ソウルスターリングC.ルメール
第79回2018年アーモンドアイC.ルメール
第80回2019年ラヴズオンリーユーM.デムーロ
第81回2020年デアリングタクト松山弘平
第82回2021年ユーバーレーベンM.デムーロ
シーザリオ

2005年覇者、シーザリオさんもおさらいしておきましょう。何と言っても日米オークスを制覇した名牝ですね。オークスでは鬼の末脚でライバルのエアメサイアさんを差し切りました。そしてそのままアメリカンオークスへ。他馬を圧倒し4馬身差完勝、しかもレースレコードという離れ業でした。さらに当時のアメリカンオークス出走メンバーですが実はこちらもすごかったんですね。3着だったシンハリーズさんは2016年オークス馬シンハライトさんのお母さんで、9着だったイスラコジーンさんは2014年皐月賞馬イスラボニータ君のお母さんでした。後に日本で活躍する名馬を輩出したお母さんたちが集まっていたレースだったんですね。ということで2005年アメリカンオークスでのご活躍が認められ、翌年の2006年にハリウッドパーク競馬場のレースでシーザリオさんの名がレース名となり「シーザリオS」が行われました。

シーザリオ 重賞勝鞍】

  • 2005年 フラワーC(GⅢ)
  • 2005年 優駿牝馬(GⅠ)
  • 2005年 アメリカンオークス(GⅠ)

 ※生涯成績6戦5勝 (桜花賞は2着)

このご活躍により2005年の最優秀3歳牝馬に選出されました。そして同年の最優秀3歳牡馬といえば、そうです、皆さんご存知ディープインパクト殿ですね。実はこの2人(馬ですけど)、同じ生産地でお誕生日も近く、ディープインパクト殿が2002年3月25日、シーザリオさんは2002年3月31日です。当時、なんとなく素敵なカップルだなあと勝手に想像してたりしていました。

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

以上、「過去の優勝馬より」でした~。

ちょっと、待ちんしゃーい!

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

あっ、カワカミプリンセスさん、こんにちは。

どうされました?

「どうされました?」じゃねーよ!

おい、筆者!ま~た忘れとるがな!

去年のオークスの時にあたいを取り上げる

約束言うたぞなも。

無敗でオークスを制したあたいを!

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

(あっ!完全に忘れてた!)

いやあ~、今回はシンハライトさんでいこうかな~と。

カワカミプリンセスさんを決して忘れていたわけでは・・・

ハハハ・・・

・・・あやしい・・・

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

ハハハ・・・、今年の秋華賞ではきっと取り上げますから!

去年の秋華賞でも忘れてたでしょうが!!

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

・・・。すみません、

今度こそ間違いなくカワカミプリンセスさんを特集しますから・・・

読者のみなさんも楽しみにしてくれますよ!ハハハ・・・

(また取り上げるの、忘れそうだな・・ボソッ)。

・・・やっぱり、あやしい・・・

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

・・・。ハハハ・・。

オークス予想

ではオークスの予想に戻りましょう。昨年は「1勝馬」のユーバーレーベンさん(予想▲)が一度も勝ったことが無かった宿敵ソダシさんを突き放し快勝でしたね。「1勝馬」のオークス勝利は1995年ダンスパートナーさん以来の快挙でした。

 

払戻金と人気

まずは過去の払戻金と人気を見てみます。過去10年の払戻金と人気は下表のとおりです。昨年はソダシさんが敗れましたが、ほぼほぼ1人気は安定。ただし3年連続二桁人気馬が馬券内に食い込んでおります。上位人気2頭+中・大穴、上位人気+人気薄の組み合わせが良さそうですね。今年は高配当が出るでしょうか?楽しみですね!

※スマホの方へ。表はスクロールできます。

年度単勝枠連馬連馬単三連複三連単1着人気2着人気3着人気
20218901,7901,8804,690109,190532,1803216
20201607001,8001,95015,02042,4101713
20194008,42025,14028,21028,240179,9601122
20181702601,1901,4107503,360142
20172402,2802,2902,7904,60020,130162
20162003004206502,0705,790125
20156807801,1603,0304,14020,150316
20149803903801,7301,53012,850213
20132,8501,54013,88031,12015,610150,480951
20125607408201,9006,64030,610329

良さげコーナー

  • 桜花賞上位馬が良さげ。
  • 桜花賞上位人気馬も良さげ。
  • 上がり最速経験馬が良さげ。
  • 差し馬が良さげ。
  • フローラS、忘れな草の勝馬が良さげ。
  • 前走5人気以内が良さげ。
  • キャリア5戦以内が良さげ。
  • 馬体重450以上470kg未満が良さげ。

 

2008年~2021年データより

【成績上位騎手】 ※数字は回数 

 1着2着3着
C.ルメール210
M.デムーロ202
池添謙一202
川田将雅120

【上位人気馬券内率】

1人気71.4%
2人気64.3%
3人気28.6%
4人気14.3%
5人気21.4%
6人気14.3%
7人気14.3%
8人気14.3%
9人気14.3%
10人気0.0%
11人気0.0%
12人気7.1%
13人気7.1%
14人気0.0%
15人気0.0%
16人気7.1%
17人気0.0%
18人気0.0%

【配当平均値、中央値】※2010年三連単は1着同着のため配当が低い方で計算。

 馬連三連複三連単
平均値8,42721,853143,526
中央値1,8358,41025,535

【ペース】

ペース回数
S5
M8
H1

【着順と人気の組み合わせ(参考)】※2010年三連単は1着同着のため2着5人気を1着に読み替えてください。

 

はい、ということで、今回も簡易的なミニ情報でまとめてみました。

※スマホの方へ。表はスクロールできます。

馬番馬名 性別斤量騎手勝鞍等、ミニ情報
1ウォーターナビレラ牝355武豊左回り初。2400mも未知数だが、NHKマイルに行かずこちらへ。安定感抜群。
2スタニングローズ牝355D.レーンここに照準。同厩と共に載冠狙う。
3アートハウス牝355川田将雅GⅠ初挑戦。前走、しまいのいい脚で圧勝。
4ルージュエヴァイユ牝355池添謙一末脚は持っている。鞍上は今春の東京重賞2勝。
5サウンドビバーチェ牝355石橋脩他の先行馬メンバーが強力だが、調教は良さげ。
6サークルオブライフ牝355M.デムーロ桜花賞上がり最速。今回差し切る。
7ホウオウバニラ牝355横山典弘抽選突破。全馬未知数の2400mで鳳凰が羽ばたく。
8ナミュール牝355横山武史桜花賞出遅れ。赤松賞時のように二冠阻止へ。
9エリカヴィータ牝355福永祐一好枠。中3週となるが、しまいの脚はしっかり。
10ラブパイロー牝355野中悠太郎鞍上GⅠ初騎乗。前走はタフな馬場の2000mを逃げ切り。
11ベルクレスタ牝355吉田隼人左回り得意。陣営はここを目標。同僚ソダシさんに続く。
12ライラック牝355横山和生前々走、桜花賞馬・フローラS勝馬に勝っていることを忘れずに。外目の偶数枠は良い。
13パーソナルハイ牝355吉田豊陣営はもともとここを目標。タフさを生かして前残り狙う。
14シーグラス牝355松岡正海左回りいまいち。7枠はここ10年では良績の好枠。
15ピンハイ牝355高倉稜不気味な1勝馬。前走他馬と激しい接触ありながらも末脚伸ばす。昨年のユーバーレーベンさんに続くか。
16プレサージュリフト牝355戸崎圭太新馬勝ち時と同枠。前々走、桜花賞馬に勝っていることを忘れずに。
17ニシノラブウインク牝355三浦皇成左回り得意。前走、好位で折り合い好走。
18スターズオンアース牝355C.ルメールクラシック血統が二冠へ。乗り替わりがカギだが東京コースは良い。

ということで、オークスの予想はこちら!

【オークス予想】

◎  サークルオブライフ

○  ベルクレスタ

▲  ピンハイ

△  スターズオンアース

【タケトーク】

エピファネイア
エピファネイア

サークルオブライフちゃんがリベンジだな。

グビグビ。

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

あ、エピファネイア殿、こんにちわ~。

桜花賞は前半ちょっと折り合いが

いまいちでしたね。直線も進路がうまくとれませんでした。

ニシノラブウインクさんもいますよ。

エピファネイア
エピファネイア

うむ。

娘たちのワン・ツーフィニッシュで

決まりだな。グビグビ。

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

楽しみですね。

しかし、相変わらず、ビール好きですね。

しかも、目がファイア。

エピ・ファ・ネ・イアだけに!

ドゥラメンテ
ドゥラメンテ

ベルクレスタちゃんがかっ飛ばすかな。

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

あ、ドゥラメンテ殿、こんにちわ~。

サウンドビバーチェさん、ホウオウバニラさん、

スターズオンアースさんもいますよ。

ドゥラメンテ
ドゥラメンテ

うむ。

娘たちのワン・ツー・スリー・フォーフィニッシュで

決まりだな。

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

楽しみですね。

ミッキーアイル
ミッキーアイル

ピンハイちゃんが頑張るよ。

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

あ、ミッキーアイル殿、こんにちわ~。

桜花賞も、団子状態の中、頑張りましたね。

ミッキーアイル
ミッキーアイル

うむ。パーソナルハイちゃんと

「おしくらまんじゅう」状態だったからね。

今回はおしくらまんじゅうにならないだろうから

頑張るよ。

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

まあ、東京は広いですからね。

直線はすっきり走りたいですね。

 

 

 

 

 

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました