スポンサーリンク

高松宮記念(2022) 

GⅠレース

--金曜日予想公開--

高松宮記念 【春のスプリント王へ!】 

さあ、今週はいよいよ中京GⅠ、高松宮記念ですね。その他にも注目重賞もありますし、海外ではドバイワールドカップデーもあります。今週重賞は土曜日に中山で日経賞(GⅡ)、阪神で毎日杯(GⅢ)、ドバイワールドカップデー(GⅠは4競走)、そして日曜日に中山でマーチステークス(GⅢ)、中京で高松宮記念(GⅠ)となっております。いや~、競馬ファンのみなさんは大忙しですね! 本ブログではもちろん高松宮記念(GⅠ)を予想公開いたします。

中京競馬場(特徴)

※コースの特徴をみなさんに、簡単にわかりやすく紹介しているページです。他コースも随時追加予定です。予想の期待値向上にご利用ください。ちなみに、レースによっては一部異なってくるものが当然ありますのでご承知おきください。高松宮記念については「良さげコーナー」もご参照くださいね。

過去の優勝馬より

では、まずいつものように過去の優勝馬をピックアップしてみます。高松宮記念は歴史が長いので今回は第30回(2000年)からリストにしています。みなさんの思い出のレースはどの年でしょうか?今回取り上げるのは2018年覇者、ファインニードル殿です。2018年に史上5頭目の春秋スプリントGⅠを制覇しましたね。高松宮記念では2016年・2017年スプリンターズステークス連覇のレッドファルクス殿、2015年桜花賞馬レッツゴードンキさんとの対決となりましたが、中団追走から直線に出るとグイグイ脚を伸ばして、内から早めに前に出ていたレッツゴードンキさんに迫り、最後の最後でハナ差捉えましたね。お父さんはあのアドマイヤムーン殿。宝塚記念、ジャパンカップ、ドバイDFなどビックレースのタイトルを獲っております。

 

過去優勝馬一覧

第30回2000年キングヘイロー牡5柴田善臣
第31回2001年トロットスター牡5蛯名正義
第32回2002年ショウナンカンプ牡4藤田伸二
第33回2003年ビリーヴ牝5安藤勝己
第34回2004年サニングデール牡5福永祐一
第35回2005年アドマイヤマックス牡6武豊
第36回2006年オレハマッテルゼ牡6柴田善臣
第37回2007年スズカフェニックス牡5武豊
第38回2008年ファイングレイン牡5幸英明
第39回2009年ローレルゲレイロ牡5藤田伸二
第40回2010年キンシャサノキセキ牡7四位洋文
第41回2011年キンシャサノキセキ牡8U.リスポリ
第42回2012年カレンチャン牝5池添謙一
第43回2013年ロードカナロア牡5岩田康誠
第44回2014年コパノリチャード牡4M.デムーロ
第45回2015年エアロヴェロシティせん7Z.パートン
第46回2016年ビッグアーサー牡5福永祐一
第47回2017年セイウンコウセイ牡4幸英明
第48回2018年ファインニードル牡5川田将雅
第49回2019年ミスターメロディ牡4福永祐一
第50回2020年モズスーパーフレア牝5松若風馬
第51回2021年ダノンスマッシュ牡6川田将雅
オレハマッテルゼ

このお方もおさらいしておきましょう。ユニークな名で有名、オレハマッテルゼ殿です。読み方は「俺は待ってるぜ」と思われますが、「俺、ハマってるぜ」とも読めるので面白いですね。そして、名前だけでなく2006年に見事、高松宮記念をラインクラフトさんとの激闘の末、制しております。

 

【オレハマッテルゼ殿 重賞勝鞍】

  • 2006年 高松宮記念(GⅠ)
  • 2006年 京王杯スプリングカップ(GⅡ)

キンシャサノキセキ 

そして、もう1頭、このお方もおさらいしましょう。2010年、2011年と見事本レースを連覇したキンシャサノキセキ殿です。名前は昔のプロボクシングでキンシャサ(ザイール共和国)で行われたヘビー級タイトルマッチでモハメド・アリがジョージフォアマンから劇的逆転勝利したことからきているようです。

【キンシャサノキセキ殿 重賞勝鞍】

  • 2008年 函館スプリントステークス(GⅢ)
  • 2009年 毎日放送賞スワンステークス(GⅡ)
  • 2009年 阪神カップ(GⅡ)
  • 2010年 夕刊フジオーシャンステークス(GⅢ)
  • 2010年 高松宮記念(GⅠ)
  • 2010年 阪神カップ(GⅡ)
  • 2011年 高松宮記念(GⅠ)

高松宮記念予想

では高松宮記念の予想に戻りましょう。昨年はダノンスマッシュ君が人気3頭の激戦を見事クビ差でかわしましたね。鞍上3名も中京1200m得意メンバーで、見ごたえのあるレースでした。

 

払戻金と人気

まずは過去の払戻金と人気を見てみます。過去10年の払戻金と人気は下表のとおりです。はい、高配当の荒れ年もありますねー。今年も楽しみですね!

※スマホの方へ。表はスクロールできます。

年度単勝枠連馬連馬単三連複三連単1着人気2着人気3着人気
20216007101,0102,1702,2009,770213
20203,2302,3009,15026,54022,830217,720924
201978033,31030,53049,630870,7404,497,47031217
20185501,3001,6903,17015,91060,4502310
20178702,4902,1504,7503,23023,880521
20163906808901,7301,7406,690123
20156501,0107,48010,77014,00081,560463
20147702,86010,40017,0307,99071,040381
201313048047056011,34027,2001210
20123906709501,7501,0705,930231

良さげコーナー

  • 5歳馬が良さげ。
  • シルクロードステークス組が良さげ。
  • 内枠が良さげ。

 

2008年~2021年データより

【成績上位騎手】 ※数字は回数

 1着2着3着
幸英明210
福永祐一203
川田将雅200
岩田康誠132

【上位人気馬券内率】※3人気好調!

1人気64.3%
2人気42.9%
3人気78.6%
4人気28.6%
5人気14.3%
6人気14.3%
7人気0.0%
8人気7.1%
9人気7.1%
10人気14.3%
11人気7.1%
12人気7.1%
13人気0.0%
14人気0.0%
15人気7.1%
16人気0.0%
17人気7.1%
18人気0.0%

【配当平均値、中央値】※平均値は2019年の波乱で上がってます。

 馬連三連複三連単
平均値5,43973,558384,624
中央値2,2609,66549,645

【ペース】

ペース回数
S0
M8
H6

【着順と人気の組み合わせ(参考)】

 

はい、ということで、今回も簡易的なミニ情報でまとめてみました。

※スマホの方へ。表はスクロールできます。

馬番馬名 性別斤量騎手勝鞍等、ミニ情報
1サリオス牡557石橋脩GⅠ馬参上。初の1200mも巨体でグイグイ突き進む。
2ナランフレグ牡657丸田恭介左回りの中京1200mは良い。
3シャインガーネット牝555田辺裕信調教良さげ。馬場渋ってもOK。
4ライトオンキュー牡757横山典弘休み明けは問題なし。雨歓迎。
5レイハリア牝455亀田温心1200m得意。
6サンライズオネスト牡557武豊左回りいまいち。
7レシステンシア牝555横山武史主役のGⅠ馬が今年のスプリント戦線を牽引。
8ジャンダルム牡757荻野極中京コースいまいち。
9ロータスランド牝555岩田望来鞍上は前走重賞初勝利。
10キルロードせん757菊沢一樹ここでは厳しい。
11クリノガウディー牡657松岡正海幻のGⅠ馬が2年前のリベンジへ。
12エイティーンガール牝655秋山真一郎中京コースいまいち。
13トゥラヴェスーラ牡757鮫島克駿内枠のほうが良かったが。
14ダイアトニック牡757岩田康誠血統&厩舎の最強タッグで復活なるか。
15ファストフォース牡657柴山雄一鞍上は久しぶりのGⅠ騎乗。
16ダイメイフジ牡857小沢大仁中京コースいまいち。
17メイケイエール牝455池添謙一重賞4勝馬、実績充分。1200m得意。
18グレナディアガーズ牡457福永祐一GⅠ馬参上。初の1200mも怪物譲りの豪脚を見せる。調教良さげ。

ということで、高松宮記念の予想はこちら!

【高松宮記念予想】

◎  レシステンシア

○  シャインガーネット

▲  ダイアトニック

△  グレナディアガーズ

【タケトーク】

ダイワメジャー
ダイワメジャー

レシステンシアちゃんが勝つな。

 
ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

あ、ダイワメジャー殿、こんにちわ~。

昨年は悔しいクビ差の2着でしたからね。

ここはリベンジですね!

ダイワメジャー
ダイワメジャー

うむ、問題ないだろう。

ミッキーアイル
ミッキーアイル

メイケイエールちゃんが激走するかな。

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

あ、ミッキーアイル殿、こんにちわ~。

重賞4勝馬ですからね!

そろそろGⅠタイトル獲りたいですね!

ミッキーアイル
ミッキーアイル

うむ、チャンスは充分あるだろう。

ロードカナロア
ロードカナロア

ダイアトニック君で決まりだな。

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

あ、ロードカナロア殿、こんにちわ~。

レイハリアさん、キルロードさん、

ファストフォース君もいますよ。

昨年のダノンスマッシュ殿に続いて欲しいですね!

 

ロードカナロア
ロードカナロア

うむ。子供たちによる

2年連続制覇は間違いないな。

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

楽しみですね!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました