スポンサーリンク

タケコの部屋(タイキシャトル編) 

タケコの部屋

タケコの部屋

※この話はフィクションです。基本、事実とは全く関係ありません。(一部事実もありますけど。)

♪ルールルッ、ルルル、ルールル~♪

こんにちは、クロヤナギタケコです。
本日のお客様は、タイキシャトル殿でーす。


タイキシャトル 「ハーイ!スペースシャトル、乗りまセンカ?!」


タケコ 「・・・。宇宙は、ちょっと・・・、というか、もう打ち上げてませんよね?」

タイキシャトル 「大丈夫デース!僕の牧場に1台置いてアリマース!」

タケコ 「オホホホ。さようでございますか。では、機会あれば乗せてください。(飛ばないと思いますけど。ボソッ・・)」

タイキシャトル 「大丈夫デース!スペースシャトルは再利用可能デース!SDGsデース!」

タケコ 「・・・。(ボソッ)の部分が聞こえてましたね。オホホホ・・・・では、早速ですがタイキシャトル殿のご活躍をご紹介しましょう。通算成績は何と13戦11勝、2着1回、3着1回です。1997年のユニコーンステークスから1998年マイルチャンピオンシップまで重賞8連勝という、とんでもない記録をお持ちです。皆さんご存知、日本が誇るマイラーということで顕彰馬でいらっしゃいますね。現役時代は圧倒的な強さを見せていただいたので、今回はそのあたりを詳しくお伺いしましょう。ではまずデビューから3連勝で迎えた菩提樹ステークスでまさかの2着でしたが、このレースはいかがでしたか?」

タイキシャトル 「まさかデース!テンザンストームちゃん、かわいいな~とスタートから追いかけながら見とれてたら、そのまま逃げ切られマシタ!まさかのクビ差2着デース!」

タケコ 「・・・。オホホホ。テンザンストームさんも後の顕彰馬に勝ったことは誇りですね。では次走はダート重賞のユニコーンステークスでしたが?」

タイキシャトル 「芝でもダートでも大丈夫デース!マイルであれば大丈夫デース!」

タケコ 「3戦ぶりのダートでしたが、確かに圧勝でしたね。ワシントンカラー殿も相当強い馬でしたが、突き放して、あっさり重賞初制覇となりました。では次に、芝に戻ってのスワンステークスはいかがでしたか?」

タイキシャトル 「このレースは同厩の先輩たちばっかりいたので、厩舎のエキシビジョンレースかと思いマシタネ!シンコウキング先輩は荒々しいから、岡部の旦那が騎乗するしかナカッタネ!僕にはノリさんが乗ったけど、大丈夫デース!レースが終わってからエキシビジョンじゃなくて、GⅡレースだと気づきマシタネ!」

タケコ 「・・・。オホホホ。そうでしたか。確かに同厩舎5頭が出走されてましたね。しかし一番若いタイキシャトル殿の完勝でした。では、次走はいよいよマイルチャンピオンシップ。GⅠ初挑戦はいかがでしたか?」

タイキシャトル 「ノープロブレム!このレースはスピードワールド君が人気だったから、プレッシャーがナカッタネ!スピードワールド君は3歳ながら安田記念、毎日王冠共に3着と強さを見せてタネ。マイルチャンピオンシップは彼の馬体重がプラス18kgだったから、ちょっとレース前に食べ過ぎテタネ!」

タケコ 「そうでしたね。しかしこのレース、実はすごいメンバーでした。1995年皐月賞馬ジェニュイン殿(1996年マイルCS覇者でもある)、1995年スプリンターズステークス勝馬ヒシアケボノ殿、1996年朝日杯3歳S勝馬のマイネルマックス殿、1996年NHKマイルC馬のタイキフォーチュン殿、1997年桜花賞馬キョウエイマーチさん、同厩の1997年高松宮杯勝馬シンコウキング殿とGⅠ馬が6頭もいました。そしてそして、さらには本格化前のサイレンススズカ殿も実はいましたね。」

タイキシャトル 「キョウエイマーチちゃんもかわいかったから、思わず見とれそうにナッタケド、大丈夫デース!ノリさんが『見とれんなよ!』と言ってくれたんで、最後はまじめに走ッタネ!」

タケコ 「オホホホ。テンザンストームさんの時の二の舞にならなくて良かったですね。では次は初の芝1200m、スプリンターズステークスでしたが?」

タイキシャトル 「特に気にナラナカッタネ!キョウエイマーチちゃんもいたし。先行馬たちはちょっと疲れてたミタイネ。気づいたらしれっと勝っチャッタ。」

タケコ 「オホホホ。あっさり勝ちましたが、さすがに競馬ファンのみなさんも怪物・・いや化け物だと思ったでしょうね。マイルチャンピオンシップ→スプリンターズステークス連勝も史上初でしたから。その後はしばらくお休みして、翌年の京王杯スプリングカップも快勝。そして、安田記念を迎えましたが、このレースは?」

タイキシャトル 「気合充分デース!なんつったって、サッカー男子日本代表が初めてワールドカップに出場したメモリアルイヤー!そしてW杯初戦のアルゼンチン戦がちょうど安田記念の日!『絶対に負けられない戦い』ダッタネ!」

タケコ 「オホホホ。1998年はそうでしたね。サッカーの方は惜しくも0-1でアルゼンチンに敗れてしまいましたが、タイキシャトル殿は単勝1.3倍の断然1人気でしたから、負けられませんでしたね。雨の中のレースでしたが、結果は見事に2馬身半差の圧勝でした。これでGⅠ3勝。そして、いよいよ海外挑戦を迎えましたが、フランスはいかがでしたか?」

タイキシャトル 「もちろん気合充分デース!なんつったって、サッカーワールドカップ開催地だったカラネ!サッカーは負けちゃったけど、シーキングザパールちゃんとフランス競馬でリベンジを約束シタネ!シーキングザパールちゃんも気合充分。モーリス・ド・ゲスト賞で日本調教馬初の海外GⅠ制覇シタネ!しかもコースレコード、最高!シーキングザパールちゃんとのフランス旅行も最高ダッタネ!」

タケコ 「オホホホ。あの時はラジオ放送で興奮された競馬ファンも多かったでしょうね。素敵な夏の夜でした。そして、翌週タイキシャトル殿の出番となりましたジャック・ル・マロワ賞ですが、いかがでしたか?」

タイキシャトル 「もちろん気合充分デース!シーキングザパールちゃんとの約束もアッタシネ!このレース1600mなのに直線ダッタケド、ノープロブレム!他の馬も強かったケド、何とか押し切ったネ!岡部の旦那もうれし泣きシテタネ!」

タケコ 「オホホホ。岡部騎手も悲願の海外GⅠ初制覇でしたから相当うれしかったでしょうね。当時は映像が無かったんで最後の叩き合いの様子が分かりませんでしたが、こちらもラジオで大興奮でしたね。これでシーキングザパールさん、タイキシャトル殿が歴史的偉業を果たし帰国されました。ご帰国後はいきなりマイルチャンピオンシップとなりましたが、ここではいかがでしたか?」

タイキシャトル 「大丈夫デース!マイルであれば大丈夫デース!」

タケコ 「オホホホ。確かにここでも単勝1.3番の断然1人気でした。キョウエイマーチさん、シーキングザパールさんも出走し、最初はなかなかのハイペースでしたが、気づけば5馬身差の圧勝。マイルチャンピオンシップ2連覇を達成。さすがマイル王でしたね。そして、最後のレースとなったスプリンターズステークスですが、こちらも2連覇がかかりましたが?」

タイキシャトル 「大丈夫デース!負けちゃったケド、無事に引退デキマシタ!」

タケコ 「こちらも引退レースながら単勝1.1倍の断然1人気でしたね。結果はマイネルラヴ殿、シーキングザパールさんとタイム差無しの3着でしたが名勝負でした。マイネルラヴ殿もハマった時の爆発力はありましたし、鞍上の吉田豊騎手もメジロドーベルさんで既に4度もGⅠ制覇して勢いがありましたからね。最後は惜しかったですが、通算成績を振り返ると改めてタイキシャトル殿の化け物さを再認識させられます。おや、ちょうどお時間が来たようです。タイキシャトル殿、また遊びにいらしてくださいね。では、みなさん、ごきげんよう。」

タイキシャトル 「スペースX(エックス)、乗りマセンカ?!」

【タイキシャトル 重賞勝鞍】

  • 1997年 ユニコーンステークス(GⅢ)
  • 1997年 スワンステークス(GⅡ)
  • 1997年 マイルチャンピオンシップ(GⅠ)
  • 1997年 スプリンターズステークス(GⅠ)
  • 1998年 京王杯スプリングステークス(GⅡ)
  • 1998年 安田記念(GⅠ)
  • 1998年 ジャック・ル・マロワ(フランス 海外GⅠ)
  • 1998年 マイルチャンピオンシップ(GⅠ)

顕彰馬

今回は顕彰馬のタイキシャトル殿を特集しましたので、顕彰馬についてまとめておきましょう。

顕彰馬(けんしょうば)とは、JRA発展に特に貢献のあった馬の功績をたたえるもので、いわゆる「競馬の殿堂入り」です。

顕彰馬一覧をまとめてみました。さすがに、すごいメンバーです。

※スマホの方へ、表は右にスクロールできます。

選考年度馬名生年月日主な勝鞍競走成績備考
2020年キタサンブラック2012年3月10日菊花賞、天皇賞(春)2回、ジャパンカップ、大阪杯、天皇賞(秋)、有馬記念20戦12勝GⅠ 7勝
2018年ロードカナロア2008年3月11日スプリンターズステークス2回、高松宮記念、安田記念、香港スプリント2回日本・17戦11勝
 海外・2戦2勝
GⅠ 6勝
2016年ジェンティルドンナ2009年2月20日桜花賞、優駿牝馬、秋華賞、ジャパンカップ2回、有馬記念、ドバイシーマクラシック日本・17戦9勝
 海外・2戦1勝
GⅠ 7勝
2015年オルフェーヴル2008年5月14日皐月賞、日本ダービー、菊花賞、有馬記念2回、宝塚記念日本・17戦10勝
 海外・4戦2勝
GⅠ 6勝 、凱旋門賞2着:2回
2014年エルコンドルパサー1995年3月17日NHKマイルカップ、ジャパンカップ、サンクルー大賞日本・7戦6勝
 海外・4戦2勝
GⅠ 2勝 、凱旋門賞2着
2011年ウオッカ2004年4月4日阪神ジュベナイルフィリーズ、日本ダービー、安田記念2回、天皇賞<秋>、ヴィクトリアマイル、ジャパンカップ日本・22戦10勝
海外・4戦0勝
GⅠ 7勝
2008年ディープインパクト2002年3月25日皐月賞、日本ダービー、菊花賞、天皇賞<春>、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念日本・13戦12勝
海外・1戦0勝 
GⅠ 7勝
2004年テイエムオペラオー1996年3月13日皐月賞、天皇賞<春>2回、宝塚記念、天皇賞<秋>、ジャパンカップ、有馬記念日本・26戦14勝GⅠ 7勝
2004年タケシバオー1965年4月23日朝日杯3歳S、天皇賞<春>、スプリンターズS日本・27戦16勝
 海外・2戦0勝
怪物
1999年タイキシャトル1994年3月23日安田記念、マイルチャンピオンシップ2回、スプリンターズステークス、ジャックルマロワ賞(仏)日本・12戦10勝
 海外・1戦1勝
日本の誇るマイラー
1997年ナリタブライアン1991年5月3日朝日杯3歳S、皐月賞、ダービー、菊花賞、有馬記念21戦12勝シャドーロールの三冠馬
1995年トウカイテイオー1988年4月20日皐月賞、ダービー、ジャパンカップ、有馬記念12戦9勝不屈の帝王
1994年メジロマックイーン1987年4月3日菊花賞、天皇賞<春>2回、宝塚記念21戦12勝最強のステイヤー
1991年オグリキャップ1985年3月27日有馬記念2回、マイルチャンピオンシップ、安田記念地方・12戦10勝
中央・20戦12勝
スーパー・スター
1990年マルゼンスキー1974年5月19日朝日杯3歳S8戦8勝夢のスーパー・カー
1990年テンポイント1973年4月19日阪神3歳S、天皇賞<春>、有馬記念18戦11勝流星の貴公子
1990年スピードシンボリ1963年5月3日天皇賞<春>、有馬記念2回、宝塚記念日本・39戦17勝       海外・4戦0勝時代の先駆者
1990年メイヂヒカリ1952年3月24日朝日杯3歳S、菊花賞、天皇賞<春>、有馬記念21戦16勝黄金の脚 父:クモハタ(顕彰馬)
1990年コダマ1957年4月15日皐月賞、ダービー、宝塚記念17戦12勝夢の超特急
1987年メジロラモーヌ1983年4月9日桜花賞、オークス、エリザベス女王杯12戦9勝牝馬三冠
1987年シンボリルドルフ1981年3月13日皐月賞、ダービー、菊花賞、有馬記念2回、天皇賞<春>、ジャパンカップ日本・15戦13勝
 海外・1戦0勝
七冠馬、トウカイテイオー
(顕彰馬)の父
1986年ミスターシービー1980年4月7日皐月賞、ダービー、菊花賞、天皇賞<秋>15戦8勝奇跡の豪脚
1985年グランドマーチス1969年5月13日中山大障害4回、京都大障害3回63戦23勝(障害39戦19勝)飛越の天才
1985年セイユウ1954年3月28日七夕賞、福島記念、セントライト記念49戦26勝(サラ戦25戦5勝)アラブの怪物
1984年トウショウボーイ1973年4月15日皐月賞、有馬記念、宝塚記念15戦10勝天馬
1984年ハイセイコー1970年3月6日地方・青雲賞
中央・皐月賞、宝塚記念
地方・6戦6勝
中央・16戦7勝
国民のアイドル
1984年シンザン1961年4月2日皐月賞、ダービー、菊花賞、宝塚記念、天皇賞<秋>、有馬記念19戦15勝最強の戦士
1984年ハクチカラ1953年4月20日ダービー、天皇賞<秋>、有馬記念、米国・ワシントンB・H日本・32戦20勝 海外・17戦1勝栗毛の国際派
1984年トキノミノル1948年5月2日朝日杯3歳S、皐月賞、ダービー10戦10勝幻の馬
1984年トサミドリ1946年5月20日皐月賞、菊花賞31戦21勝希代の名馬
1984年トキツカゼ1944年3月10日皐月賞、オークス30戦11勝名牝
1984年クリフジ1940年3月12日ダービー、オークス、菊花賞11戦11勝最強の牝馬
1984年セントライト1938年4月2日皐月賞、ダービー、菊花賞12戦9勝黒鹿毛の勇者
1984年クモハタ1936年3月4日ダービー21戦9勝栗毛の貴公子、
メイヂヒカリ
(顕彰馬)の父

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました