スポンサーリンク

皐月賞(2022) 

GⅠレース

--金曜日予想公開--

皐月賞 【5大クラシック第二弾!”最も速い馬”は?!】 

さあ、今週もクラシックの皐月賞ですね。今週重賞は土曜日に中山で中山グランドジャンプ(J-GⅠ)、阪神でアーリントンカップ(GⅢ)、日曜日に阪神でアンタレスステークス(GⅢ)、中山で皐月賞(GⅠ)となっております。土曜日もGⅠレースがありますが、障害競走は予想ロジックでは取り扱っておりませんので温かく応援させていただきます。ということで本ブログではもちろん皐月賞(GⅠ)を予想公開いたします。

中山競馬場(特徴)

※コースの特徴をみなさんに、簡単にわかりやすく紹介しているページです。他コースも随時追加予定です。予想の期待値向上にご利用ください。ちなみに、レースによっては一部異なってくるものが当然ありますのでご承知おきください。皐月賞については「良さげコーナー」もご参照くださいね。

過去の優勝馬より

では、まずいつものように過去の優勝馬をピックアップしてみます。皐月賞もさすがに多くの名馬が優勝されており歴史も長いので、今回は第54回(1994年)からリストにしています。なぜ、1994年からかって?ふっふっふ、そうです、1994年は筆者(ビワタケヒデ)の偉大な兄ナリタブライアンが制覇しているからです!いえーい!いえーっ・・・・すみません、はしゃぎすぎました。。。さて、みなさんの思い出のレースはどの年でしょうか?今回は2003年クラシック二冠馬、ネオユニヴァース殿を取り上げたいと思います。2003年皐月賞では壮絶な叩き合いの末、田中勝春騎手騎乗のサクラプレジデント殿をクビ差制し、M.デムーロ騎手にとって、うれしいJRAGⅠ初勝利となりました。あまりにも興奮しすぎて、ゴール直後に隣の田中勝春騎手の頭を思いっきり叩いていましたね。次走のダービーでも1人気に応え快勝し二冠達成。三冠目の菊花賞は惜しくも3着でしたが当時の主役でしたね。種牡馬としてもご活躍され、2009年ダービー馬ロジユニヴァース殿、2010年皐月賞他GⅠ3勝を挙げたヴィクトワールピサ殿のお父さんですね。

 

【ネオユニヴァース殿 重賞勝鞍】

  • 2003年 きさらぎ賞(GⅢ)
  • 2003年 スプリングステークス(GⅡ) 
  • 2003年 皐月賞(GⅠ) 
  • 2003年 東京優駿(GⅠ)
  • 2004年 大阪杯(GⅡ ※当時はGⅡ)

 

 

 

過去優勝馬一覧

第54回1994年ナリタブライアン南井克巳
第55回1995年ジェニュイン岡部幸雄
第56回1996年イシノサンデー四位洋文
第57回1997年サニーブライアン大西直宏
第58回1998年セイウンスカイ横山典弘
第59回1999年テイエムオペラオー和田竜二
第60回2000年エアシャカール武豊
第61回2001年アグネスタキオン河内洋
第62回2002年ノーリーズンB.ドイル
第63回2003年ネオユニヴァースM.デムーロ
第64回2004年ダイワメジャーM.デムーロ
第65回2005年ディープインパクト武豊
第66回2006年メイショウサムソン石橋守
第67回2007年ヴィクトリー田中勝春
第68回2008年キャプテントゥーレ川田将雅
第69回2009年アンライバルド岩田康誠
第70回2010年ヴィクトワールピサ岩田康誠
第71回2011年オルフェーヴル池添謙一
第72回2012年ゴールドシップ内田博幸
第73回2013年ロゴタイプM.デムーロ
第74回2014年イスラボニータ蛯名正義
第75回2015年ドゥラメンテM.デムーロ
第76回2016年ディーマジェスティ蛯名正義
第77回2017年アルアイン松山弘平
第78回2018年エポカドーロ戸崎圭太
第79回2019年サートゥルナーリアC.ルメール
第80回2020年コントレイル福永祐一
第81回2021年エフフォーリア横山武史
アグネスタキオン殿

あの最強馬、アグネスタキオン殿もおさらいしておきましょう。皆さんご存知、無敗で皐月賞を制し、そのまま引退されました。生涯成績は4戦4勝。その強さからクラシック三冠を期待する声が多かったですね。その強さとは、少ない戦歴ながら戦ったメンバーに注目ですね。2戦目のラジオたんぱ杯3歳Sではあのジャングルポケット殿、クロフネ殿を全く寄せ付けずに完勝。3戦目の弥生賞では、後のGⅠレース3勝馬マンハッタンカフェ殿に勝っています。アグネスタキオン殿が皐月賞を制したのは2001年。アグネスタキオン殿は皐月賞後に左前浅屈腱炎を発症して以降のレースを回避、そのまま引退となりましたが、その年のダービー馬がジャングルポケット殿、菊花賞馬がマンハッタンカフェ殿ということで、確かにクラシック三冠の可能性は充分あったと思われます。残りのクラシック2レースの出走も見たかったですね。そして種牡馬としても大変ご活躍されました。ロジック殿、ダイワスカーレットさん、ディープスカイ殿、キャプテントゥーレ殿、リトルアマポーラさん、レーヴディソールさんというGⅠ馬をはじめ、多くの重賞馬も輩出されております。

 

【アグネスタキオン勝鞍 生涯成績4戦4勝】

  • 2000年 3歳新馬
  • 2000年 ラジオたんぱ杯3歳S(GⅢ)
  • 2001年 弥生賞(GⅡ)
  • 2001年 皐月賞(GⅠ)
【クラシック三冠】

過去のクラシック三冠馬もおさらいしておきます。名馬ばかりですね。

達成年馬名主戦騎手ミニ情報
1941年セントライト 小西喜蔵横浜農林省賞典四歳呼馬(皐月賞) 東京優駿、京都農林省賞典四歳呼馬(菊花賞)を勝利。その他、横浜農林省賞典四・五歳呼馬(古馬戦にも勝利)。
1964年シンザン 栗田勝 三冠達成の翌年1965年は宝塚記念、天皇賞(秋)、有馬記念を制覇。
1983年ミスターシービー 吉永正人 シンザン殿以来19年ぶり、史上3頭目の三冠馬。
1984年シンボリルドルフ 岡部幸雄初の無敗で三冠達成。ジャパンカップで前年三冠馬ミスターシービー殿との三冠馬対決に挑むも、両者ともに敗退。勝馬はカツラギエース殿。
1994年ナリタブライアン 南井克巳ビワタケヒデ(筆者)の兄。本ブログで何度も登場しますので、よろしくお願いします。
2005年ディープインパクト 武豊シンボリルドルフ殿 に続き、無敗での三冠達成。本ブログの「タケコの部屋」で特集していますので、よろしくお願いします。
2011年オルフェーヴル 池添謙一破天荒。本ブログの「タケコの部屋」で特集していますので、よろしくお願いします。
2020年コントレイル福永祐一父に続き、無敗での三冠達成。

皐月賞予想

では皐月賞の予想に戻りましょう。昨年はエフフォーリア君が見事無敗のクラシック制覇、横山武史騎手もうれしいクラシック初勝利でしたね。

 

払戻金と人気

まずは過去の払戻金と人気を見てみます。過去10年の払戻金と人気は下表のとおりです。昨年は1人気が馬券圏外となり高配当。今年はフルゲート18頭、高配当になるでしょうか、楽しみですね!

※スマホの方へ。表はスクロールできます。

年度単勝枠連馬連馬単三連複三連単1着人気2着人気3着人気
2021370115043005,51020,00082,320286
20202706406601,1209,15026,310138
20191706709501,1401,4804,390143
20181,4509,52012,88023,57053,410372,080798
20172,2402,3808,71020,720176,0301,064,3609412
20163,0904506,22017,6806,00070,390831
20154607807901,5303,11012,360324
20145103309201,9007,69033,490218
20133704408401,7501,2105,920123
20127108901,2203,1902,05012,620423

良さげコーナー

  • ディープインパクト産駒が良さげ。
  • 共同通信杯組が良さげ。
  • 前走重賞&人気&好走馬が良さげ。
  • 前走4コーナーで前目の位置が良さげ。

 

2008年~2021年データより

【成績上位騎手】 ※数字は回数 

 1着2着3着
岩田康誠211
M.デムーロ210
川田将雅130
福永祐一130
内田博幸102

【上位人気馬券内率】※8人気が健闘!

1人気57.1%
2人気35.7%
3人気50.0%
4人気42.9%
5人気0.0%
6人気21.4%
7人気14.3%
8人気50.0%
9人気14.3%
10人気0.0%
11人気7.1%
12人気7.1%
13人気0.0%
14人気0.0%
15人気0.0%
16人気0.0%
17人気0.0%
18人気0.0%

【配当平均値、中央値】

 馬連三連複三連単
平均値4,44427,114160,614
中央値1,2609,18545,335

【ペース】

ペース回数
S5
M7
H2

【着順と人気の組み合わせ(参考)】

 

はい、ということで、今回も簡易的なミニ情報でまとめてみました。

※スマホの方へ。表はスクロールできます。

馬番馬名 性別斤量騎手勝鞍等、ミニ情報
1ダノンベルーガ牡357川田将雅鬼門の1枠1番だがコントレイル君に続くか。
2アスクビクターモア牡357田辺裕信中山コース大得意。
3トーセンヴァンノ牡357木幡巧也中山コースいまいち。
4キラーアビリティ牡357横山武史距離適性は良い。好枠先行策で前残り狙う。
5グランドライン牡357三浦皇成このメンバーでは厳しい。
6ジャスティンロック牡357戸崎圭太前走は勝負所で不利受け不完全燃焼。
7ボーンディスウェイ牡357石橋脩ここ5年連続連対中の4枠7番。既に中山2000m4走の経験生かす。
8ダンテスヴュー牡357吉田隼人初の右回り&中山。
9サトノヘリオス牡357岩田望来前走叩いて良化。ホープフルSはレース間隔が短すぎた。
10ジャスティンパレス牡357M.デムーロ前走は直線ふらつくも2着。枠も良い。
11オニャンコポン牡357菅原明良鞍上初のクラシック挑戦。前走上がり最速で重賞V。
12ドウデュース牡357武豊安定感抜群。前走叩いていざ一冠へ。
13ビーアストニッシド牡357和田竜二先行前残りを狙う。
14ジオグリフ牡357福永祐一ゲート不安あるが、鞍上がカバー。調教良さげ。
15ラーグルフ牡357丸田恭介前走包まれて不完全燃焼。
16デシエルト牡357岩田康誠無敗で若葉S圧勝。師もトウカイテイオー殿で無敗制覇。再現なるか。
17マテンロウレオ牡357横山典弘ブリンカー効果で巻き返す。
18イクイノックス牡357C.ルメール前走の鬼の末脚は魅力。5か月の休み明けがどうか。

ということで、皐月賞の予想はこちら!

【皐月賞予想】

◎  ドウデュース

○  ジャスティンロック

▲  ジオグリフ

△  デシエルト

【タケトーク】

 

ハーツクライ
ハーツクライ

まあ、ドウデュース君がまずはクラシック一冠目だな。

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

あ、ハーツクライ殿、こんにちわ~。

2歳王者の貫禄を見せたいですね。

ダノンベルーガ君、ボーンディスウェイ君、

マテンロウレオ君もいますよ。

ハーツクライ
ハーツクライ

うむ、息子たちの

ワン・ツー・スリー・フォーフィニッシュ

で決まりだな。

リオンディーズ
リオンディーズ

ジャスティンロック君が激走するかな。

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

あ、リオンディーズ殿、こんにちわ~。

タケトーク初登場ですね!

今後ともよろしくお願いいたします。

リオンディーズ
リオンディーズ

うむ。

今後、僕の産駒がどんどん出てくるからよろしく。

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

楽しみですね。

ドレフォン
ドレフォン

ジオグリフクンガカツネ!

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

あ、ドレフォン殿、こんにちわ~。

こちらもタケトーク初登場ですね!

今後ともよろしくお願いいたします。

ドレフォン
ドレフォン

チョットナニイッテルカワカンナイ。

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

アメリカのご出身ですもんね。

デシエルト君も注目されてますね!

ドレフォン
ドレフォン

デスネ!

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

日本語わかってますよね?

ドレフォン
ドレフォン

ボクノムスコタチノ

ワン・ツーフィニッシュデキマリデスネ!

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

絶対、日本語わかってますよね・・・

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました