スポンサーリンク

金鯱賞(2022) 

競馬予想

--金曜日予想公開--

金鯱賞 【いざ、春のGⅠタイトルへ向けて!】 

さあ、今週も注目重賞がありますね。今週重賞は土曜日に中山でローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GⅢ)、そして日曜日に阪神で報知杯フィリーズレビュー(GⅡ)、中京で金鯱賞(GⅡ)となっております。いずれも春のGⅠレースの前哨戦ですね。中山牝馬ステークスはヴィクトリアマイル前哨戦、そしてフィリーズレビューは3着内までに桜花賞の優先出走権、金鯱賞は大阪杯の前哨戦となっております。金鯱賞と言えばその名の通り名古屋城のシンボル、「金の鯱(しゃちほこ)」ですね。本ブログでは金鯱賞(GⅡ)を予想公開いたします。

中京競馬場(特徴)

※コースの特徴をみなさんに、簡単にわかりやすく紹介しているページです。他コースも随時追加予定です。予想の期待値向上にご利用ください。ちなみに、レースによっては一部異なってくるものが当然ありますのでご承知おきください。金鯱賞については「良さげコーナー」もご参照くださいね。

過去の優勝馬より

では、まずいつものように過去の優勝馬をピックアップしてみます。金鯱賞は歴史が長いので今回は第39回(2003年)からリストにしています。みなさんの思い出のレースはどの年でしょうか?今回は2019年に本レースを制覇した、ダノンプレミアム殿を取り上げたいと思います。2017年の朝日杯フューチュリティステークス勝馬ですね。2019年の本レースではリスグラシューさん、アルアイン殿など強者達を退け快勝でした。昨年覇者のギベオン君も出走していましたね。ダノンプレミアム殿、昨年の安田記念を最後に引退されました。お父さんはディープインパクト殿ということで大事な血を伝えていく役目がありますね。偉大な後継種牡馬のご活躍に期待したいと思います。

 

【ダノンプレミアム殿 重賞勝鞍】

  • 2017年 サウジアラビアRC(GⅢ)
  • 2017年 朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)
  • 2018年 弥生賞(GⅡ)
  • 2019年 金鯱賞(GⅡ)
  • 2019年 読売マイラーズカップ(GⅡ)

過去優勝馬一覧

第39回2003年タップダンスシチー牡6佐藤哲三
第40回2004年タップダンスシチー牡7佐藤哲三
第41回2005年タップダンスシチー牡8佐藤哲三
第42回2006年コンゴウリキシオー牡4岩田康誠
第43回2007年ローゼンクロイツ牡5藤岡佑介
第44回2008年エイシンデピュティ牡6岩田康誠
第45回2009年サクラメガワンダー牡6福永祐一
第46回2010年アーネストリー牡5佐藤哲三
第47回2011年ルーラーシップ牡4福永祐一
第48回2012年オーシャンブルー牡4C.ルメール
第49回2013年カレンミロティックせん5池添謙一
第50回2014年ラストインパクト牡4川田将雅
第51回2015年ミトラせん7柴山雄一
第52回2016年ヤマカツエース牡4池添謙一
第53回2017年ヤマカツエース牡5池添謙一
第54回2018年スワーヴリチャード牡4M.デムーロ
第55回2019年ダノンプレミアム牡4川田将雅
第56回2020年サートゥルナーリア牡4C.ルメール
第57回2021年ギベオン牡6西村淳也
タップダンスシチー

金鯱賞マイスターのタップダンスシチー殿もおさらいしておきましょう。2003年、2004年、2005年と本レース3連覇、すごいですね。ジャパンカップ、宝塚記念も制しており、2002年と2004年の有馬記念は2着、2003年の宝塚記念は3着と重賞常連で長くご活躍されました。2004年は凱旋門賞にも挑戦されましたが、輸送のトラブルなども影響したでしょうか、17着でした。

【タップダンスシチー殿 重賞勝鞍】

  • 2002年 朝日チャレンジC(GⅢ)
  • 2003年 金鯱賞(GⅡ)
  • 2003年 京都大賞典(GⅡ)
  • 2003年 ジャパンカップ(GⅠ)
  • 2004年 金鯱賞(GⅡ)
  • 2004年 宝塚記念(GⅠ)
  • 2005年 金鯱賞(GⅡ)

金鯱賞予想

では金鯱賞の予想に戻りましょう。昨年はシンガリ人気ギベオン君がすんなりハナを取り、しぶとく逃げましたね。デアリングタクトさんは重馬場もあり、あと一歩捉えることができませんでした。

 

払戻金と人気

まずは過去の払戻金と人気を見てみます。過去10年の払戻金と人気は下表のとおりです。1人気+中穴2頭決着や中穴3頭決着など波乱の年もありますね。今年も波乱があるでしょうか?配当にも期待したいですね!※2016年は3着同着となっております。

※スマホの方へ。表はスクロールできます。

年度単勝枠連馬連馬単三連複三連単1着人気2着人気3着人気
202122,73012,24013,57062,05034,650783,0101016
20201306701,5501,7105,88014,440186
20193508401,7002,4901,88011,040251
20181605,3605,8607,3804,00024,410182
20173602,9203,8005,57056,390192,0501713
20169908,6009,25016,78016,08090,340496
20166,05049,120492
20159008601,4403,8303,31022,160514
20143809201,2602,2901,7008,560142
20136601,8702,7805,30010,81058,490368
20127306609,37015,28012,81091,410684

良さげコーナー

  • ディープインパクト産駒が良さげ。
  • 前走好走馬が良さげ。
  • 先行馬が良さげ。
  • 前走GⅠ組が良さげ。

 

2008年~2021年データより

【成績上位騎手】 ※数字は回数

 1着2着3着
池添謙一311
C.ルメール201
川田将雅201
福永祐一200

【上位人気馬券内率】※6・8人気、健闘!

1人気71.4%
2人気35.7%
3人気14.3%
4人気35.7%
5人気28.6%
6人気42.9%
7人気7.1%
8人気35.7%
9人気7.1%
10人気7.1%
11人気7.1%
12人気0.0%
13人気7.1%
14人気0.0%
15人気0.0%
16人気0.0%
17人気0.0%
18人気0.0%

【配当平均値、中央値】

 馬連三連複三連単
平均値4,48515,071114,404
中央値2,7007,95030,300

【ペース】

ペース回数
S9
M5
H0

【着順と人気の組み合わせ(参考)】

 

はい、ということで、今回も簡易的なミニ情報でまとめてみました。

※スマホの方へ。表はスクロールできます。

馬番馬名 性別斤量騎手勝鞍等、ミニ情報
1ショウナンバルディ牡656岩田康誠昨年同コースの中京新聞杯を制覇。同コース3勝と条件良し。
2ギベオン牡757西村淳也昨年覇者。あのデアリングタクトさんを退けた。
3ジャックドール牡456藤岡佑介好馬体でフットワークも完璧。本格化の気配。
4ソフトフルート牝554岩田望来同コース3勝と条件良し。今年の愛知杯も4着。エリ女も好走4着。
5ポタジェ牡556吉田隼人昨年3着。重賞戦線も健闘中。前走は急仕上げ感あり。ひと叩きして良化。
6アカイイト牝555幸英明エリ女で強者たちを完封。当然主力の一角。
7シャドウディーヴァ牝654福永祐一中京コース初。重賞1勝馬ながら重賞常連。
8アラタ牡556大野拓弥昨年充実。中京コースは良い。
9シフルマン牡656荻野極今回はメンバー強力。
10レイパパレ牝556川田将雅今回3か月ぶりだが、昨年も年明け初戦が大阪杯で制覇。
11ステラリア牝454松山弘平エリ女で不利受けるも2着健闘。
12ランブリングアレー牝654藤岡康太ラストランながら、末脚は衰えず。
13サンレイポケット牡756鮫島克駿昨年2つのビッグレースは共に4着。実績充分。

ということで、金鯱賞の予想はこちら!

【金鯱賞予想】

◎  サンレイポケット

○  ポタジェ

▲  ジャックドール

△  レイパパレ

【タケトーク】

 

モーリス
モーリス

ジャックドール君が一気に5連勝だな。

 
 
 
ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

あ、モーリス殿、こんにちわ~。

めちゃめちゃ、逃げまくってますね。

馬体もがっちりですね!

キズナ
キズナ

アカイイトちゃんが勝つだろう。

 
ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

あ、キズナ殿、こんにちわ~。

GⅠ馬ですからね。

ステラリアさんもいますよ。

キズナ
キズナ

うむ、エリザベス女王杯同様、

娘たちのワン・ツーフィニッシュで決まりだな。

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

楽しみですね。

ディープインパクト
ディープインパクト

ギベオン君が衝撃の連覇でしょうね!

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

あ、ディープインパクト殿、こんにちわ~。

GⅠ馬レイパパレさん、ソフトフルートさん、

ランブリングアレーさん、

ポタジェ君もいますよ。

ディープインパクト
ディープインパクト

衝撃の掲示板独占ですね!

ビワタケヒデ
ビワタケヒデ

楽しみですね。

しかし、相変わらず、目が「衝撃」になってますね。

ディープインパクトだけに!

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました