スポンサーリンク

タケコの部屋(ジェンティルドンナ編) 

タケコの部屋

タケコの部屋

※この話はフィクションです。基本、事実とは全く関係ありません。(一部事実もありますけど。)

♪ルールルッ、ルルル、ルールル~♪

こんにちは、クロヤナギタケコです。
本日のお客様は、ジェンティルドンナさんでーす。


ジェンティルドンナ 「オーホッホッホ!これ、マリトッツォね?いただこうかしら。」


タケコ 「・・・。あっ、そちらのデザートですね。どうぞどうぞ。」

ジェンティルドンナ 「オーホッホッホ!デザートじゃなくて、『ドルチェ』ね!ド・ル・チェッ!(ひょい、パクッ。)う~ん♪ボ~ノ~♪」

タケコ 「・・・。オホホホ。さようでございましたね。さすが、イタリアの『貴婦人』ざますね。」

ジェンティルドンナ 「ティラミスはあるかしら?」

タケコ 「・・・。オホホホ。ご用意いたしましょう。スタッフ~!では、ティラミスが来る前にジェンティルドンナさんのご活躍をご紹介しましょう。ジェンティルドンナさんは桜花賞、優駿牝馬、秋華賞、ジャパンカップ2回、有馬記念、ドバイシーマクラシックとGⅠ7勝。顕彰馬でいらっしゃいますね。現役時代は数々の名勝負を繰り広げられましたので、今回は詳しくお伺いしましょう。」

ジェンティルドンナ 「オーホッホッホ!ティラミスはまだかしら?」

タケコ 「・・・。オホホホ。もうすぐご用意できますので、しばらくお待ちください。え~、まずは桜花賞からお伺いしましょう。このレースはいかがでしたか?」

ジェンティルドンナ 「オーホッホッホ!同じサンデー仲間のジョワドヴィーヴルちゃんが阪神JFで勝ってたし~、今度はワタシかな~なんて感じで。あっ、サンデー仲間の”サンデー”って、あのアメリカ生まれのアイスじゃないわよ~。サンデーレーシングの方ね。ここ大事!ティラミスはまだかしら?」

タケコ 「・・・。オホホホ。誰もアイスのサンデーとは思わないでしょうけど。ティラミスはもうすぐご用意できますので、しばらくお待ちください。スタッフ~!」

ジェンティルドンナ 「時間かかりそうだから、カンノーロも追加してくださる?」

タケコ 「・・・。オホホホ。わかりました。ご用意しますのでしばらくお待ちください。スタッフ~!では次にオークスのお話をお願いします。」

ジェンティルドンナ 「オーホッホッホ!岩田のとっつあんが騎乗停止中でしたから、鞍上は将雅ちゃんになったけど雰囲気は良かったわね。ヴィルシーナちゃんが桜花賞のリベンジ!って燃えて、気合乗りすぎて大魔神のような顔になってたけど、なんとか交わしたわ。ティラミスとカンノーロはまだかしら?」

タケコ 「・・・。オホホホ。『岩田のとっつあん』て・・・。しかし、5馬身差の圧勝でしたね。しかもレースレコード。とても強い内容でした。あっ、ティラミスとカンノーロが来ましたよ~、どうぞお召し上がりください。」

ジェンティルドンナ 「オーホッホッホ!(ひょい、パクッ。ひょい、パクッ。)う~ん♪ボ~ノ~♪パンナコッタあるかしら?」

タケコ 「・・・。オホホホ。ご用意いたしましょう。スタッフ~!では、次に秋の始動戦、ローズステークスはいかがでしたか?」

ジェンティルドンナ 「オーホッホッホ!さすがに1人気になっちゃったけど、久しぶりのレースでちょっとドルチェ食べすぎだったかしら。ヴィルシーナちゃんと一緒にもりもり食べてて、彼女の方が馬体重は増えてたわね。あの時の彼女の体つきは完全に大魔神だったわ。桜花賞、オークスのリベンジ!って燃えて、またまた大魔神のような顔になってたけど。パンナコッタはまだかしら?」

タケコ 「・・・。オホホホ。もうすぐご用意できますので、しばらくお待ちください。それにしても、ヴィルシーナさんは悔しい3連続2着でしたね。え~、では本番の秋華賞はいかがでしたか?」

ジェンティルドンナ 「オーホッホッホ!牝馬三冠がかかってたけど、全然平気だったわ。パンナコッタはまだかしら?」

タケコ 「・・・。オホホホ。返し馬で『岩田のとっつあん』を振り落として、落馬させてましたけど?・・・」

ジェンティルドンナ 「オッ、オーホッホッホ!(あせり)。まあ、でもきっちり勝ったわよ!大魔神が先行して突進してたけど、なんとか交わしたわね。ハナ差だったけど。パンナコッタはまだかしら?」

タケコ 「・・・。オホホホ。大魔神て・・。ヴィルシーナさんもなんとか一矢を報いたかったでしょうね。ジェンティルドンナさんに4連敗、しかも4連続2着。またもや悔しい思いをしたでしょう。あっ、パンナコッタ来ましたよ~、どうぞお召し上がりください。」

ジェンティルドンナ 「オーホッホッホ!(ひょい、パクッ。)う~ん♪ボ~ノ~♪ビスコッティあるかしら?」

タケコ 「・・・。オホホホ。ご用意いたしましょう。スタッフ~!では、次にいよいよ古馬との初対決、ジャパンカップでしたが、このレースはいかがでしたか?」

ジェンティルドンナ 「オーホッホッホ!3歳乙女はワタシだけだったからね~。でも、サンデー仲間のフェノーメノ君や先輩たちがいっぱいいたから、やさしくしてくれたわ。あっ、サンデー仲間の”サンデー”って、あのアメリカ生まれのアイスじゃないわよ~。サンデーレーシングの方ね。ここ大事!ビスコッティはまだかしら?」

タケコ 「・・・。オホホホ。誰もアイスのサンデーとは思わないでしょうけど。オルフェーヴル殿、ルーラーシップ殿、ローズキングダム殿など強者サンデーがたくさんいらっしゃいましたね。特にオルフェーヴル殿とのたたき合いは凄まじかったですね。しかも3歳乙女の優勝はジャパンカップ史上初でした。ビスコッティはもうすぐご用意できますので、しばらくお待ちください。スタッフ~!」

ジェンティルドンナ 「時間かかりそうだから、スフォリアテッラも追加してくださる?」

タケコ 「・・・。オホホホ。わかりました。ご用意しますのでしばらくお待ちください。スタッフ~!では次は初の海外遠征でしたね。ドバイシーマクラシックはいかがでしたか?」

ジェンティルドンナ 「オーホッホッホ!『デザートサファリ』でデザート食べまくり!ビスコッティとスフォリアテッラはまだかしら?」

タケコ 「・・・。オホホホ。『デザートサファリ』って砂漠ツアーですけど・・・。しかも『デザート』って言っちゃってますけど・・・ドルチェでは?・・」

 

ジェンティルドンナ 「オッ、オーホッホッホ!(あせり)。じょ、冗談よ~。ドルチェが無くて気分がいまいちだったから2着だったわ。ビスコッティとスフォリアテッラはまだかしら?」

 

タケコ 「・・・。オホホホ。あっ、ビスコッティとスフォリアテッラが来ましたよ~。どうぞお召し上がりください。」

 

ジェンティルドンナ 「オーホッホッホ!(ひょい、パクッ。ひょい、パクッ。)う~ん♪ボ~ノ~♪カッサータあるかしら?」

タケコ 「・・・。オホホホ。ご用意いたしましょう。スタッフ~!では、次ですが、宝塚記念ではゴールドシップ殿に屈し3着、続く天皇賞秋ではジャスタウエイ殿に交わされ2着でした。そして迎えたジャパンカップで見事2連覇を達成しましたが、このときはいかがでしたか?」

 

ジェンティルドンナ 「オーホッホッホ!同期のゴールドシップ君をマークしようと思ったけど、彼、口から火を噴きながら走ってたから珍しく凡走してたわね。さすが、怪獣ね。おかげさまで先行してそのまま余裕で勝てるかな~と思ってたら、デニムアンドルビーちゃんがとんでもない末脚で猛追してきたからちょっとびっくりしたけど。カッサータはまだかしら?」

 

タケコ 「・・・。オホホホ。火は噴いていないと思いますが・・・確かに怪獣ではありますね。カッサータはもうすぐご用意できますので、しばらくお待ちください。スタッフ~!」

ジェンティルドンナ 「時間かかりそうだから、ジェラートも追加してくださる?」

タケコ 「・・・。オホホホ。わかりました。ご用意しますのでしばらくお待ちください。スタッフ~!では次は京都記念を挟んで、2度目の海外遠征となったドバイシーマクラシックですが、いかがでしたか?ドルチェも無かったかと思いますが?」

 

ジェンティルドンナ 「オーホッホッホ!さすがに2回目なんで、ドルチェ持ってったのよ~。学習ね、学習!おかげで前年のリベンジが果たせたわ。カッサータとジェラートはまだかしら?」

 

タケコ 「・・・。オホホホ。あっ、カッサータとジェラートが来ましたよ~。どうぞお召し上がりください。」

 

ジェンティルドンナ 「オーホッホッホ!(ひょい、パクッ。ひょい、パクッ。)う~ん♪ボ~ノ~♪イタリアンプリンあるかしら?」

タケコ 「・・・。オホホホ。ご用意いたしましょう。スタッフ~!では、次ですが、2014年宝塚記念ではまたもやゴールドシップ殿に屈し、続く天皇賞秋ではスピルバーグ殿に交わされ2着でした。そして迎えたジャパンカップでは3連覇がかかっていましたが、残念ながらエピファネイア殿に阻まれました。しかししかし、最後の有馬記念でゴールドシップ殿、エピファネイア殿、ジャスタウェイ殿など錚々たるメンバーを退け、有終の美となりました。このときはいかがでしたか?」

 

ジェンティルドンナ 「オーホッホッホ!ジャパンカップはちょっと不完全燃焼だったからね~。2014年は中山競馬場の改修工事もあったんで、9月開催が無かったでしょ。なんで、馬場状態も例年よりいいだろうから有馬記念で引退としたのよ~。枠順ドラフトで、マー君が1番くじ引いてくれて絶好枠だったわね。うまく先行できたわ。」


タケコ 「最後も快勝でしたね。すばらしい有終の美でした。おや、ちょうどお時間が来たようです。ジェンティルドンナさん、また遊びにいらしてくださいね。では、みなさん、ごきげんよう。」

ジェンティルドンナ 「イタリアンプリンはまだかしら?」

タケコ 「すみません、スタッフが帰ってしまいましたので、帰りに自分で買ってください。」

ジェンティルドンナ 「オーホッホッホ!しょうがないわね。やっぱりグラニータにしようかしら。」

【ジェンティルドンナ 重賞勝鞍】

  • 2012年 シンザン記念(GⅢ)
  • 2012年 桜花賞(GⅠ)
  • 2012年 オークス(GⅠ)
  • 2012年 ローズステークス(GⅡ)
  • 2012年 秋華賞(GⅠ)
  • 2012年 ジャパンカップ(GⅠ)
  • 2013年 ジャパンカップ(GⅠ)
  • 2014年 ドバイシーマクラシック(GⅠ 海外)
  • 2014年 有馬記念(GⅠ)

顕彰馬

今回は顕彰馬のジェンティルドンナさんを特集しましたので、顕彰馬についてまとめておきましょう。

顕彰馬(けんしょうば)とは、JRA発展に特に貢献のあった馬の功績をたたえるもので、いわゆる「競馬の殿堂入り」です。

顕彰馬一覧をまとめてみました。さすがに、すごいメンバーです。

※スマホの方へ、表は右にスクロールできます。

選考年度馬名生年月日主な勝鞍競走成績備考
2020年キタサンブラック2012年3月10日菊花賞、天皇賞(春)2回、ジャパンカップ、大阪杯、天皇賞(秋)、有馬記念20戦12勝GⅠ 7勝
2018年ロードカナロア2008年3月11日スプリンターズステークス2回、高松宮記念、安田記念、香港スプリント2回日本・17戦11勝
 海外・2戦2勝
GⅠ 6勝
2016年ジェンティルドンナ2009年2月20日桜花賞、優駿牝馬、秋華賞、ジャパンカップ2回、有馬記念、ドバイシーマクラシック日本・17戦9勝
 海外・2戦1勝
GⅠ 7勝
2015年オルフェーヴル2008年5月14日皐月賞、日本ダービー、菊花賞、有馬記念2回、宝塚記念日本・17戦10勝
 海外・4戦2勝
GⅠ 6勝 、凱旋門賞2着:2回
2014年エルコンドルパサー1995年3月17日NHKマイルカップ、ジャパンカップ、サンクルー大賞日本・7戦6勝
 海外・4戦2勝
GⅠ 2勝 、凱旋門賞2着
2011年ウオッカ2004年4月4日阪神ジュベナイルフィリーズ、日本ダービー、安田記念2回、天皇賞<秋>、ヴィクトリアマイル、ジャパンカップ日本・22戦10勝
海外・4戦0勝
GⅠ 7勝
2008年ディープインパクト2002年3月25日皐月賞、日本ダービー、菊花賞、天皇賞<春>、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念日本・13戦12勝
海外・1戦0勝 
GⅠ 7勝
2004年テイエムオペラオー1996年3月13日皐月賞、天皇賞<春>2回、宝塚記念、天皇賞<秋>、ジャパンカップ、有馬記念日本・26戦14勝GⅠ 7勝
2004年タケシバオー1965年4月23日朝日杯3歳S、天皇賞<春>、スプリンターズS日本・27戦16勝
 海外・2戦0勝
怪物
1999年タイキシャトル1994年3月23日安田記念、マイルチャンピオンシップ2回、スプリンターズステークス、ジャックルマロワ賞(仏)日本・12戦10勝
 海外・1戦1勝
日本の誇るマイラー
1997年ナリタブライアン1991年5月3日朝日杯3歳S、皐月賞、ダービー、菊花賞、有馬記念21戦12勝シャドーロールの三冠馬
1995年トウカイテイオー1988年4月20日皐月賞、ダービー、ジャパンカップ、有馬記念12戦9勝不屈の帝王
1994年メジロマックイーン1987年4月3日菊花賞、天皇賞<春>2回、宝塚記念21戦12勝最強のステイヤー
1991年オグリキャップ1985年3月27日有馬記念2回、マイルチャンピオンシップ、安田記念地方・12戦10勝
中央・20戦12勝
スーパー・スター
1990年マルゼンスキー1974年5月19日朝日杯3歳S8戦8勝夢のスーパー・カー
1990年テンポイント1973年4月19日阪神3歳S、天皇賞<春>、有馬記念18戦11勝流星の貴公子
1990年スピードシンボリ1963年5月3日天皇賞<春>、有馬記念2回、宝塚記念日本・39戦17勝       海外・4戦0勝時代の先駆者
1990年メイヂヒカリ1952年3月24日朝日杯3歳S、菊花賞、天皇賞<春>、有馬記念21戦16勝黄金の脚 父:クモハタ(顕彰馬)
1990年コダマ1957年4月15日皐月賞、ダービー、宝塚記念17戦12勝夢の超特急
1987年メジロラモーヌ1983年4月9日桜花賞、オークス、エリザベス女王杯12戦9勝牝馬三冠
1987年シンボリルドルフ1981年3月13日皐月賞、ダービー、菊花賞、有馬記念2回、天皇賞<春>、ジャパンカップ日本・15戦13勝
 海外・1戦0勝
七冠馬、トウカイテイオー
(顕彰馬)の父
1986年ミスターシービー1980年4月7日皐月賞、ダービー、菊花賞、天皇賞<秋>15戦8勝奇跡の豪脚
1985年グランドマーチス1969年5月13日中山大障害4回、京都大障害3回63戦23勝(障害39戦19勝)飛越の天才
1985年セイユウ1954年3月28日七夕賞、福島記念、セントライト記念49戦26勝(サラ戦25戦5勝)アラブの怪物
1984年トウショウボーイ1973年4月15日皐月賞、有馬記念、宝塚記念15戦10勝天馬
1984年ハイセイコー1970年3月6日地方・青雲賞
中央・皐月賞、宝塚記念
地方・6戦6勝
中央・16戦7勝
国民のアイドル
1984年シンザン1961年4月2日皐月賞、ダービー、菊花賞、宝塚記念、天皇賞<秋>、有馬記念19戦15勝最強の戦士
1984年ハクチカラ1953年4月20日ダービー、天皇賞<秋>、有馬記念、米国・ワシントンB・H日本・32戦20勝 海外・17戦1勝栗毛の国際派
1984年トキノミノル1948年5月2日朝日杯3歳S、皐月賞、ダービー10戦10勝幻の馬
1984年トサミドリ1946年5月20日皐月賞、菊花賞31戦21勝希代の名馬
1984年トキツカゼ1944年3月10日皐月賞、オークス30戦11勝名牝
1984年クリフジ1940年3月12日ダービー、オークス、菊花賞11戦11勝最強の牝馬
1984年セントライト1938年4月2日皐月賞、ダービー、菊花賞12戦9勝黒鹿毛の勇者
1984年クモハタ1936年3月4日ダービー21戦9勝栗毛の貴公子、
メイヂヒカリ
(顕彰馬)の父

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました