スポンサーリンク

シルクロードステークス(2021) 

競馬予想

 

ここでも、上がり最速の末脚炸裂!

シヴァージ君、持ち味の末脚炸裂で重賞初制覇しました。今後のGⅠ戦線も楽しみですね。

1着:◎ シヴァージ

2着:ライトオンキュー

3着:▲ ラウダシオン

--金曜日予想公開--

短距離GⅠ戦線に向け、ここは負けられない!

さあ、今週は日曜日にGⅢレースが行われます。コロナで厳しい状況が続いておりますが、お互いがんばりましょう。この状況下でも開催してくれている関係者の皆様には大変感謝です。今週重賞は日曜日に東京で根岸ステークス(GⅢ)、中京でシルクロードステークス(GⅢ)ですね。根岸ステークスはフェブラリーステークス(GⅠ)の前哨戦となるダート1400m競走です。シルクロードステークスは通常京都競馬場で開催の1200m芝ハンデ競走ですが、みなさんご存知の通り改修工事に伴い今回は中京競馬場での開催となっております。本ブログでは芝競走をメインにロジックを組み立てておりますので、今週はシルクロードステークス(GⅢ)を予想公開いたします。

■シルクロード

はい、皆さんご存知、古代の交易路ですね。道自体はシルクロードと呼ばれる前から、国と国、都市と都市を結ぶために展開していたようですが、中国から絹(シルク)をヨーロッパへ輸出するルートに着目してシルクロードと呼ばれているそうです。中国西安からローマまでが概ね13000kmとのことです、凄い道ですね。敦煌、トルファン、ウルムチなど沿道の有名観光スポットがいろいろありますので、一度は訪れてみたいですね。

■過去の優勝馬より

では、まずいつものように過去の優勝馬をピックアップしてみます。今回は第1回(1996年)からリストにしています。みなさんの思い出のレースはどの年でしょうか?今回は2012年に制覇したロードカナロア殿を取り上げてみたいと思います。皆さんご存知、名スプリンター、GⅠ 6勝の顕彰馬ですね。6勝のうち2勝はあの鬼門「香港スプリント」を日本馬として初めて勝利、その翌年も連覇という強者です。そして、こちらも皆さんご存知、名牝アーモンドアイさん、そして先日引退したサートゥルナーリア殿のお父さんですね。ちなみにロードカナロア殿のお父さんはキングカメハメハ殿ですね。

【重賞勝鞍】

  • 2011年 京成杯(GⅢ)
  • 2012年 シルクロードS(GⅢ)
  • 2012年 スプリンターズS(GⅠ)
  • 2012年 香港スプリント(GⅠ)
  • 2013年 阪急杯(GⅢ)
  • 2013年 高松宮記念(GⅠ)
  • 2013年 安田記念(GⅠ)
  • 2013年 スプリンターズS(GⅠ)
  • 2013年 香港スプリント(GⅠ)
1996年フラワーパーク牝4田原成貴
1997年エイシンバーリン牝5南井克巳
1998年シーキングザパール牝4武豊
1999年マイネルラヴ牡4松永幹夫
2000年ブロードアピール牝6武幸四郎
2001年トロットスター牡5蛯名正義
2002年ゲイリーフラッシュ牡9小林徹弥
2003年テイエムサンデー牡7秋山真一郎
2004年キーンランドスワン牡6A.スボリッチ
2005年プレシャスカフェ牡5蛯名正義
2006年タマモホットプレイ牡5渡辺薫彦
2007年エムオーウイナー牡6小牧太
2008年ファイングレイン牡5幸英明
2009年アーバンストリート牡5福永祐一
2010年アルティマトゥーレ牝6横山典弘
2011年ジョーカプチーノ牡5藤岡康太
2012年ロードカナロア牡4福永祐一
2013年ドリームバレンチノ牡6松山弘平
2014年ストレイトガール牝5岩田康誠
2015年アンバルブライベン牝6田中健
2016年ダンスディレクター牡6浜中俊
2017年ダンスディレクター牡7武豊
2018年ファインニードル牡5川田将雅
2019年ダノンスマッシュ牡4北村友一
2020年アウィルアウェイ牝4川田将雅

■ ダンスディレクター

はい、今回は特別にもう1頭紹介したいと思います。2016年、2017年に本レースを連覇したダンスディレクター殿です。実はダンスディレクター殿、重賞勝利はこのシルクロードステークスの2勝のみなんですね。とても相性の良いレースだったようです。シルクロードステークスは短距離1200mですが、13000km(中国西安~ローマ)だとさすがに大変ですね(笑)

■ サートゥルナーリア殿引退

はい、そして先ほど少し触れましたが2019年皐月賞馬サートゥルナーリア殿が先日引退となりました。お父さんがロードカナロア殿、お母さんがシーザリオさんというすばらしい血統で、お兄さんのエピファネイア殿、リオンディーズ殿も種牡馬としてご活躍されています。今後は種牡馬として頑張ってほしいですね!

【重賞勝鞍】

  • 2018年 ホープフルS(GⅠ)
  • 2019年 皐月賞(GⅠ)
  • 2019年 神戸新聞杯(GⅡ)
  • 2020年 金鯱賞(GⅡ)

■ シルクロードステークス予想

ではシルクロードステークスの予想に戻りましょう。過去の払戻金と人気を見てみます。

【シルクロードステークス 払戻金と人気】

過去10年の払戻金と人気は下表のとおりです。上位人気は馬券に絡むも、二桁人気の食い込みが目立ちますね。さすがハンデ戦、穴狙いの方は楽しみですね。。今年も二桁人気が三連系に絡むでしょうか?

年度単勝枠連馬連馬単三連複三連単1着人気2着人気3着人気
202072028602,9205,36017,740105,860368
201920014104,5306,61073,350248,25011112
20187704903,2005,83054,280237,2904515
20176706002,2704,7107,86040,820347
201644022102,4404,29046,300161,1902511
20154408901,6202,98021,40080,3102312
20145203803801,2508,87046,3802113
201354012002,3804,34017,92068,2702411
201214034068085028,96073,9401216
201122029807,89011,04029,100121,5201144

■良さげコーナー

  • 5、6歳馬が良さげ。
  • 逃げ、先行馬が良さげ。
  • 内枠が良さげ。
  • 芝1200m勝利経験馬が良さげ。

はい、ということで、今回も簡易的なミニ情報でまとめてみました。

馬番馬名馬齢斤量騎手勝鞍等、ミニ情報
1ザイツィンガー牡555和田 竜二和田騎手と初コンビ。騎手助手の兄弟タッグで一発狙う。

2

ライトオンキュー牡657.5古川 吉洋GⅠ級の素質はある、ハンデで人気落ちなら狙っても面白い。

3

コントラチェック牝555池添 謙一ハナを奪えば強さ発揮、侮れない。
4セイウンコウセイ牡858幸 英明

2017年高松宮記念勝馬。中京は相性良しも既に8歳、58kgは厳しいか?

5ラヴィングアンサー牡757吉田 豊末脚炸裂すれば、馬券内も。
6カイザーメランジェ牡655太宰 啓介左回りは【0,0,0,3】、ここは厳しい戦い。
7エイティーンガール牝555坂井 瑠星昨年2着。差しが効く馬場であれば。左回りをこなせるか。
8プリモシーン牝656岩田 望来初中京&初1200m。近走は凡走も重賞実績は豊富。
9ヴェスターヴァルト牡455富田 暁2勝3勝クラスを連勝し、勢いそのままに、中京相性良し。
10ルッジェーロセ655藤岡 佑介ダート路線から前走芝復帰で3着。不気味な存在。
11リバティハイツ牝654団野 大成鞍上は今月重賞初制覇し、上り調子。
12ラウダシオン牡457M.デムーロ昨年NHKマイルC覇者。左回りは【2,2,0,0】。距離短縮で先行入線か。
13シヴァージ牡656福永 祐一芝転向後、オープン1勝のみだが、末脚は髄一。ここ7戦すべて上がり最速。
14トゥラヴェスーラ牡656岩田 康誠前走中京1200mのリステッドを勝利。台頭充分。
15モズスーパーフレア牝656.5北村 友一昨年高松宮記念勝馬。逃げ切り入線か。
16ミッキースピリット牡554松若 風馬大穴に一考。
17タイセイアベニール牡656松山 弘平上積みあり、鞍上とのコンビで馬券内を狙う。
18クリノガウディー牡558鮫島 克駿昨年の高松宮記念では1着入線も降着。重賞常連、重賞初制覇なるか?

ということで、シルクロードステークスの予想はこちら!

◎  シヴァージ

〇  トゥラベスーラ

▲  ラウダシオン

△  コントラチェック 

 

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました