スポンサーリンク

新潟記念(2021) 

競馬予想

--金曜日予想公開--

夏競馬の締めくくり!

さて、今週も熱い重賞レースGⅢが3レースありますね。土曜日に札幌2歳ステークス、日曜日に小倉2歳ステークスと新潟記念ですね。この時期の2歳戦は本ブログでは温かく見守るとして、今週予想公開対象レースは新潟記念とします。新潟記念は歴史は古く第1回は1965年ですね。長い歴史の中ずっと芝2000mで行われており、今はサマー2000シリーズの最終戦となっておりますので、ここでサマー2000シリーズチャンピオンを決めている馬も多くいますね。最後まで熱い戦いが楽しみです。

新潟競馬場(特徴

※コースの特徴をみなさんに、簡単にわかりやすく紹介しているページです。他コースも随時追加予定です。予想の期待値向上にご利用ください。ちなみに、レースによっては一部異なってくるものが当然ありますのでご承知おきください。新潟記念については「良さげコーナー」もご参照くださいね。

過去の優勝馬より

では、まずいつものように過去の優勝馬をピックアップしてみます。新潟記念は歴史が長いので今回は2010年からリストアップしてみました。昨年は良血馬ブラヴァス君(お母さんはGⅠ馬のヴィルシーナさん)が、重賞初制覇しましたね。スタートはいまいちだった感がありましたが、ジナンボー君が外から来たサトノダムゼルさんと競う形になって外に出れなかった分、ブラヴァス君は馬場のいいところで競馬ができましたね。また3着にきたサンレイポケット君も勢いがあったので最後はそれに負けない末脚で踏ん張り、かわしましたね。

過去優勝馬一覧

第46回2010年ナリタクリスタル牡4幸英明
第47回2011年ナリタクリスタル牡5武豊
第48回2012年トランスワープせん7大野拓弥
第49回2013年コスモネモシン牝6松岡正海
第50回2014年マーティンボロ牡5N.ローウィラー
第51回2015年パッションダンス牡7M.デムーロ
第52回2016年アデイインザライフ牡5横山典弘
第53回2017年タツゴウゲキ牡5秋山真一郎
第54回2018年ブラストワンピース牡3池添謙一
第55回2019年ユーキャンスマイル牡4岩田康誠
第56回2020年ブラヴァス牡4福永祐一

みなさんの思い出のレースはどの年でしょうか?

では、今回優勝馬イラストは2010年、2011年連覇のナリタクリスタル殿です。2010史上初の新潟記念を連覇し、2011年の中京記念覇者でもあります。

 

 

新潟記念予想

では新潟記念の予想に戻りましょう。

払戻金と人気

まずは過去の払戻金と人気を見てみます。過去10年の払戻金と人気は下表のとおりです。なかなかの高配当ですね。上位人気1頭+人気薄2頭の組み合わせくらいで狙ってみるのもいいですね!穴党には楽しみなレースです。

※スマホの方へ。表はスクロールできます。

年度単勝枠連馬連馬単三連複三連単1着人気2着人気3着人気
20205001,3801,8903,3306,77032,940235
20196302,0904,5808,45021,230105,090268
20181801,1401,2501,59025,30057,1701613
20171,2006502,5805,81027,670132,650612
20166101,0101,9903,70012,81059,970219
20159105,8006,81012,15081,140384,5506913
20144601,1202,2403,6306,34028,290153
20136,53080020,45058,62058,340558,0101087
20121,4705,31011,49021,56049,950313,130798
20118203,36010,88018,42013,790102,850593

良さげコーナー

  • 前走上がりタイム上位組が良さげ。
  • 先行馬が良さげ。
  • 4,5歳馬が良さげ。
  • 前走上位人気馬が良さげ。

はい、ということで、今回も簡易的なミニ情報でまとめてみました。

※スマホの方へ。表はスクロールできます。

馬番馬名 性別斤量騎手勝鞍等、ミニ情報
1サトノアーサー牡757石川裕紀人ローテーション的には良い。
2ザダル牡557.5石橋 脩徐々に本格化。同じ左回りで重賞連勝なるか。
3ショウナンバルディ牡555戸崎圭太今夏4戦目となるが粘りきるか。
4レッドサイオンせん553杉原誠人ここでは厳しい。
5リアアメリア牝455川田将雅重賞2勝馬が鞍上とのコンビで復活へ。
6パルティアーモ牝552横山武史新潟得意。
7マイネルサーパス牡556柴田大知ここでは厳しい。
8ギベオン牡657.5岩田望来休み明けだが、左回り得意。重賞2勝馬。
9アドマイヤポラリス牡555三浦皇成距離適性良し。
10ラーゴム牡353池添謙一距離適性良し。
11ラインベック牡454津村明秀前走ひと叩きして超良血馬が復活する。新潟コースは初。
12ヤシャマル牡454菅原明良左回り得意。
13クラヴェル牝452横山典弘ハンデ戦得意。前走上がり最速の末脚が光る。
14エフェクトオン牡553木幡巧也新潟得意。
15プレシャスブルー牡754柴田善臣善戦して掲示板に食い込むか。
16マイネルファンロン牡655Mデムーロ先行で粘れるか。
17トーセンスーリヤ牡657.5横山和生前走圧勝、サマー2000タイトルへ。重賞2勝馬。

ということで、新潟記念の予想はこちら!

【新潟記念予想】

◎  トーセンスーリア

○  パルティアーモ

▲  クラヴェル

△  ヤシャマル

オフサイドトラップ殿(1993年-1998年現役で活躍)

以前紹介しましたが、1998年の新潟記念覇者、オフサイドトラップ殿も改めて取り上げておきます。まず名前がいいですね。馬主さんはサッカー経験者で馬名にサッカーに絡む名前が多いです。オフサイドトラップ殿の弟はワールドカップ殿でしたし、その他アーセナルゴール殿、ロングスローイン殿などなど面白い名前の馬がいますね。さて、オフサイドトラップ殿の経歴ですが、1994年にクラシック皐月賞とダービーに参戦しています。皐月賞の前哨戦(若葉S)では同じく注目されていたエアダブリン殿(後のダービー2着)を抑え快勝。しかしながら皐月賞では7着、ダービーでは8着に終わりました。この時、皐月賞とダービー覇者は・・・そうです、筆者タケ(ビワタケヒデ)の兄ナリタブライアンが制したレースですね!実はオフサイドトラップ殿、右足に爆弾(炎症:屈腱炎)を抱えていて、何度も療養を繰り返しながらのレース参戦でした。1997年7歳(今の数えで6歳(※))のときに炎症再発で引退かと思われましたが、現役続行。この年までは重賞勝利もありませんでしたが、不屈の精神で踏ん張ります。そして、皆様ご存知の方も多いと思いますが、1998年8歳(今の数えで7歳)にして、七夕賞・新潟記念と重賞連勝、その勢いで、あの1998年天皇賞(秋)(競馬界にとって辛いレースとなりましたが。)でGⅠタイトルを獲りました。自身も爆弾を抱えていましたが、きっとサイレンススズカ殿の分も頑張って走ってくれたのだと思います。

※0歳? 1歳? 馬齢の数えについて

日本では2000年まで馬齢は数え年で扱われていました。要するに生まれた時が1歳。国際的には生まれたときは0歳が基準。数え年表記だと国際的にも混乱が生じるため2001年から統一されました。早いものでもう21年になるんですね。

オフサイドトラップ
オフサイドトラップ

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました