スポンサーリンク

タケコの部屋(ツインターボ編)

ツインターボタケコの部屋
ツインターボ

タケコの部屋

※この話はフィクションです。事実とは全く関係ありません。

♪ルールルッ、ルルル、ルールル~♪


こんにちは、クロヤナギタケコです。
本日のお客様はツインターボ殿です。

ツインターボ(T.T)「Tィ-!、Tィー!、Tィッ、Tィッ、Tィ、Tィー!」(TT兄弟)

タケコ「・・・・・。え~、ツインターボ殿のご紹介を簡単に・・」

ツインターボ(T.T)「Tィ-!」

タケコ「・・・・・。ツインターボ殿は1991年にJRAデビュー。5戦目にして
ラジオたんぱ賞(GⅢ)を快勝。(ラジオたんぱ賞(GⅢ)はタケ(ビワタケヒデ)が唯一重賞勝利したレースです。)
その後1993年に七夕賞、オールカマーを勝利し、重賞3勝馬でございます。
1995年から上山競馬場(山形県上山市にあった地方競馬場。今は地方競馬場外馬券販売所のニュートラックかみのやま)でご活躍?(ほぼ最下位かブービー)されました。」

ツインターボ(T.T)「Tィ-!」

タケコ「ツインターボ殿といえば、大逃げ1本。その他の姑息な戦術などは一切関係なし。JRAのレースでは、全てのレースでハナを譲ったレースは一度もありません。もっと言うと2コーナーまで全て1位通過。オールカマーではあのGⅠ3勝馬(菊花賞、天皇賞春2勝)ライスシャワー殿に5馬身差以上をつけて圧勝!(上がり時計最下位だったのに!)タケの偉大な兄、ナリタブライアンも『あの人(馬ですが。)の逃げは半端ねぇ。恐るべし。』と一目置いていました。実際1994年の有馬記念でナリタブライアンはツインターボ殿と対決し、ツインターボ殿の大逃げに全馬、全観衆が度肝を抜かれました。ものすごい差をつけて爆走するも、結果は最下位(上がり時計41.7秒・・)でしたが、誰もが一瞬、このまま行ってしまうのでは?と思ったはずです。2着の名牝ヒシアマゾンさんも『あの人(馬ですが。)、結局何だったのかしら・・?』とつぶやいていました。」

ツインターボ(T.T)「Tィッ、Tィッ、Tィッ(訳:フッ、フッ、フッ)」

タケコ「ツインターボ殿、JRAのレースでは1800m~2500mと中長距離をメインとしていましたが、当のご本人は実はどのレースも1200mだと思って走っていたのでは?という噂もありましたが・・?」

ツインターボ(T.T)「・・・・Tィッ、Tィ-!」(ちょっとあせってる)

タケコ「もし、あの当時に今の新潟名物1000m直線コースがあったら、ツインターボ殿が全勝していたのではないでしょうか。
やはり、ツインターボ殿のような逸材が今後も現れると面白いですね!以上、ゲストのツインターボ殿でした~。」

ツインターボ(T.T)「TィTィTィ、TィTィTィ・・・(訳:そろり、そろり・・・)」(和泉元彌ばりに去っていきました)




トピックス(顕彰馬 2020年6月)


キタサンブラック殿が34頭目の顕彰馬に選定されました! おめでとうございます!

顕彰馬(けんしょうば)とは、JRA発展に特に貢献のあった馬の功績をたたえるもので、いわゆる「競馬の殿堂入り」です。

顕彰馬一覧をまとめてみました。さすがに、すごいメンバーです。

※スマホの方へ、表は右にスクロールできます。

選考年度馬名生年月日主な勝鞍競走成績備考
2020年キタサンブラック2012年3月10日菊花賞、天皇賞(春)2回、ジャパンカップ、大阪杯、天皇賞(秋)、有馬記念20戦12勝GⅠ 7勝
2018年ロードカナロア2008年3月11日スプリンターズステークス2回、高松宮記念、安田記念、香港スプリント2回日本・17戦11勝
 海外・2戦2勝
GⅠ 6勝
2016年ジェンティルドンナ2009年2月20日桜花賞、優駿牝馬、秋華賞、ジャパンカップ2回、有馬記念、ドバイシーマクラシック日本・17戦9勝
 海外・2戦1勝
GⅠ 7勝
2015年オルフェーヴル2008年5月14日皐月賞、日本ダービー、菊花賞、有馬記念2回、宝塚記念日本・17戦10勝
 海外・4戦2勝
GⅠ 6勝 、凱旋門賞2着:2回
2014年エルコンドルパサー1995年3月17日NHKマイルカップ、ジャパンカップ、サンクルー大賞日本・7戦6勝
 海外・4戦2勝
GⅠ 2勝 、凱旋門賞2着
2011年ウオッカ2004年4月4日阪神ジュベナイルフィリーズ、日本ダービー、安田記念2回、天皇賞<秋>、ヴィクトリアマイル、ジャパンカップ日本・22戦10勝
海外・4戦0勝
GⅠ 7勝
2008年ディープインパクト2002年3月25日皐月賞、日本ダービー、菊花賞、天皇賞<春>、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念日本・13戦12勝
海外・1戦0勝 
GⅠ 7勝
2004年テイエムオペラオー1996年3月13日皐月賞、天皇賞<春>2回、宝塚記念、天皇賞<秋>、ジャパンカップ、有馬記念日本・26戦14勝GⅠ 7勝
2004年タケシバオー1965年4月23日朝日杯3歳S、天皇賞<春>、スプリンターズS日本・27戦16勝
 海外・2戦0勝
怪物
1999年タイキシャトル1994年3月23日安田記念、マイルチャンピオンシップ2回、スプリンターズステークス、ジャックルマロワ賞(仏)日本・12戦10勝
 海外・1戦1勝
日本の誇るマイラー
1997年ナリタブライアン1991年5月3日朝日杯3歳S、皐月賞、ダービー、菊花賞、有馬記念21戦12勝シャドーロールの三冠馬
1995年トウカイテイオー1988年4月20日皐月賞、ダービー、ジャパンカップ、有馬記念12戦9勝不屈の帝王
1994年メジロマックイーン1987年4月3日菊花賞、天皇賞<春>2回、宝塚記念21戦12勝最強のステイヤー
1991年オグリキャップ1985年3月27日有馬記念2回、マイルチャンピオンシップ、安田記念地方・12戦10勝
中央・20戦12勝
スーパー・スター
1990年マルゼンスキー1974年5月19日朝日杯3歳S8戦8勝夢のスーパー・カー
1990年テンポイント1973年4月19日阪神3歳S、天皇賞<春>、有馬記念18戦11勝流星の貴公子
1990年スピードシンボリ1963年5月3日天皇賞<春>、有馬記念2回、宝塚記念日本・39戦17勝       海外・4戦0勝時代の先駆者
1990年メイヂヒカリ1952年3月24日朝日杯3歳S、菊花賞、天皇賞<春>、有馬記念21戦16勝黄金の脚 父:クモハタ(顕彰馬)
1990年コダマ1957年4月15日皐月賞、ダービー、宝塚記念17戦12勝夢の超特急
1987年メジロラモーヌ1983年4月9日桜花賞、オークス、エリザベス女王杯12戦9勝牝馬三冠
1987年シンボリルドルフ1981年3月13日皐月賞、ダービー、菊花賞、有馬記念2回、天皇賞<春>、ジャパンカップ日本・15戦13勝
 海外・1戦0勝
七冠馬、トウカイテイオー
(顕彰馬)の父
1986年ミスターシービー1980年4月7日皐月賞、ダービー、菊花賞、天皇賞<秋>15戦8勝奇跡の豪脚
1985年グランドマーチス1969年5月13日中山大障害4回、京都大障害3回63戦23勝(障害39戦19勝)飛越の天才
1985年セイユウ1954年3月28日七夕賞、福島記念、セントライト記念49戦26勝(サラ戦25戦5勝)アラブの怪物
1984年トウショウボーイ1973年4月15日皐月賞、有馬記念、宝塚記念15戦10勝天馬
1984年ハイセイコー1970年3月6日地方・青雲賞
中央・皐月賞、宝塚記念
地方・6戦6勝
中央・16戦7勝
国民のアイドル
1984年シンザン1961年4月2日皐月賞、ダービー、菊花賞、宝塚記念、天皇賞<秋>、有馬記念19戦15勝最強の戦士
1984年ハクチカラ1953年4月20日ダービー、天皇賞<秋>、有馬記念、米国・ワシントンB・H日本・32戦20勝 海外・17戦1勝栗毛の国際派
1984年トキノミノル1948年5月2日朝日杯3歳S、皐月賞、ダービー10戦10勝幻の馬
1984年トサミドリ1946年5月20日皐月賞、菊花賞31戦21勝希代の名馬
1984年トキツカゼ1944年3月10日皐月賞、オークス30戦11勝名牝
1984年クリフジ1940年3月12日ダービー、オークス、菊花賞11戦11勝最強の牝馬
1984年セントライト1938年4月2日皐月賞、ダービー、菊花賞12戦9勝黒鹿毛の勇者
1984年クモハタ1936年3月4日ダービー21戦9勝栗毛の貴公子、
メイヂヒカリ
(顕彰馬)の父

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました