スポンサーリンク

NHKマイルカップ予想&レース結果(2020.5.10)

ラウダシオンGⅠレース
ラウダシオン

伏兵ラウダシオン、初の重賞タイトルはGⅠ!

【予想】

◎ ② タイセイビジョン

◯  ⑤ シャインガーネット

▲  ④プリンスリターン

△ ③ レシステンシア

【結果】


1着 ラウダシオン

2着 △ レシステンシア

3着 ギルデットミラー

4着 ◎タイセイビジョン



M.デムーロ騎手、このレース勝利で今年の重賞での単勝回収率が200%近くになりましたね。手応えはかなりあったようです。昨年は重賞3勝止まり(ただしGⅠ2勝)で、少し不調感がありましたが、今年はすでに昨年を上回る重賞4勝(GⅠ2勝)、ここから往年の強さを再び発揮となるでしょうか。レシステンシアさんは超絶ハイペース逃げはしませんでしたね。レースはミドルペースでした。超絶ハイペースだったら、また違った結果だったかも。

-----日曜日記事 レース前予想-----

【予想】

◎ ② タイセイビジョン

◯  ⑤ シャインガーネット

▲  ④プリンスリターン

△ ③ レシステンシア


安定感からタイセイビジョン君。あとは朝日杯F S5着で勝馬サリオス君(皐月賞2着)と0.8秒差だったプリンスリターン君に期待。

-----金曜日のつぶやき-----

枠順が決まりましたね。
注目のレシステンシアさんは2枠3番になりました。超絶ハイラップ逃げで牡馬達を圧倒でしょうか。ただし、初の長距離輸送と初の東京左回りもあり、馬体重のチェックは必要ですね。タイセイビジョン君も内枠1枠2番、レシステンシアさんをマークしつつ、長い直線で末脚炸裂でしょうか。サクセッション君は4枠8番、シャインガーネットさんは3枠5番とこちらも期待できそうです。

~~ 第3回NHKマイルカップ覇者 エルコンドルパサー ~~


さて、今週行われるNHKマイルカップは今回で第25回目となります。
第1回は1996年ですが、もともと本レースは1953年から1995年まで行われていたダービートライアル「NHK杯」が前身です。1998年の第3回NHKマイルカップ覇者はあの名馬エルコンドルパサー殿です。エルコンドルパサー殿の生涯成績は国内海外合わせ11戦8勝、2着3回と連対率100%、しかもあの凱旋門賞2着という成績を残し引退された顕彰馬です。エルコンドルパサー殿、新馬戦からの3戦(全て1着)は実はダートでの勝利でした。

-----【木曜日のつぶやき】-----

昨年の本レースですが、1番人気のグランアレグリアさん騎乗のルメール騎手が最終直線で進路妨害と判定され騎乗停止処分、残念ながら春のGⅠ戦線から一時離脱しました。進路妨害を受けたダノンチェイサー君もかわいそうでしたが。昨年は外枠馬2頭(17番アドマイヤマーズ君、18番ケイデンスコール君)が激走したわけですが、前日土曜日に雨ではなく雹(ひょう)が降った影響もあったでしょうか、この土曜日の10R、11R、12Rが取りやめになるほどでした。今年はさすがに雹(ひょう)は降らない?ということでルメール騎手、昨年のリベンジに熱い思いが?ましてや、桜花賞時の武豊騎手からの乗り替わりです。(レシステンシアさん、桜花賞時も主戦北村友一騎手から武豊騎手に乗り替わりでしたが。)また、昨年1,2着のM.デムーロ騎手(昨年アドマイヤマーズ君1着)、石橋脩騎手(昨年ケイデンスコール君2着)もそれぞれラウダシオン君(ファルコンS2着)、タイセイビジョン君(※注目度は下記水曜日のつぶやき参照)に騎乗します。

-----【水曜日のつぶやき】-----

ここでも注目は桜花賞2着レシステンシアさんですね。2歳女王にして、やはりクラシック桜花賞組からの参戦ですのでルメール騎手としてもここは負けられないでしょう。過去10年のNHKマイルカップにおいてダイワメジャー産駒が3勝で相性も良いようです。レシステンシアさん、GIタイトル2勝目となるでしょうか。

あとは無敗馬2頭、ルフトシュトローム君とサトノインプレッサ君。
ルフトシュトローム君はトライアルのニュージーランドトロフィー(GⅡ)を上がり最速で制覇。全て中山のマイル戦で3勝し、ここを目標にしてきた感があります。ただし中山から東京へ初の左回りになるのとニュージーランドトロフィー組はNHKマイルカップであまり成績が良くないので、どうでしょうか。サトノインプレッサ君も毎日杯を制し3戦3勝。前走毎日杯組のNHKマイルカップ成績は逆に良いのでチャンスあり。もう1頭挙げるとタイセイビジョン君。こちらもトライアルのアーリントンカップを上がり最速2馬身差で快勝。さらに5戦連続連対で東京コースでは京王杯2歳ステークス(GⅡ 1400m)を制しています。

その他はスプリングステークス(GⅡ 皐月賞トライアル)3着で皐月賞に出走せず、ここに持ってきたサクセッション君、ファルコンステークス(GⅢ)を制し、東京1600m(赤松賞 1着)経験済みのシャインガーネットさんも注目です。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました